Mリーグの花咲かじいさん!沢崎誠が挨拶代わりに見せた”マムシワールド”【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司




熱論!Mリーグ【Thu】

Mリーグの花咲かじいさん!

沢崎誠が挨拶代わりに見せた

”マムシワールド”

文・真中彰司【木曜担当ライター】2019年10月3日

時は水曜日にさかのぼる。

「高宮さん、初トップおめでとう!」

「初参戦のサクラナイツ、楽しみだな~」

そんな声がツイッターのタイムラインに溢れ、当然次の試合が楽しみになる。

しかし、ここで深刻な問題が発生した。

…そう、水曜日はMリーグの対局が無いのだ!

これぞ水曜日名物、

Mリーグロス!/(^o^)\ナンテコッタイ

というわけで、待ちに待った木曜日。

本日は初登場選手が2人という予告がされていた。

まずはパイレーツ・瑞原明奈

「みかん太」のHNで天鳳は最高九段。先月のプリンセスリーグでも優勝している、人気急上昇中の選手だ。

 

そしてもう1人は、

KADOKAWAサクラナイツ・沢崎誠

日本プロ麻雀連盟のA1リーグで長年活躍しており、十段位・麻雀マスターズ・最強位など獲得タイトルも多数。粘りの麻雀で”マムシ”と恐れられている大ベテランだ。

瑞原の活躍は別記事で掲載されているので、そちらをご覧いただきたい。

その打ち筋は変幻自在! 女海賊・瑞原明奈、初航海は視界良好‼︎【熱論!Mリーグ】

 

さて、大ベテランである沢崎なのだが、Abemaの放送対局への出演回数はこれまであまり多くない。そのため視聴者にとって、打ち筋は謎に包まれた部分も多い。

今回はその引き出しの一端を垣間見てみよう。

1戦目

東4局1本場

この局は親の瑞原が先行。

ポン、チーであっという間に12000のテンパイを入れた。

しかし、そこに怯まず噛みついたのが沢崎。

タンヤオ・ピンフ・赤1の待ちでリーチに踏み切った。

その表情は実に飄々としつつ、冷静に卓上を見つめている。

「この親に立ち向かえるのは私しかいないでしょう?」

瑞原と真っ向勝負の構えだ。

瑞原も無筋を押して応戦したが、数巡後に沢崎がを力強く引き寄せた。

沢崎誠のMリーグ初アガリは満貫だった。

しかし、南3局での満貫放銃が響き、オーラスは手堅く2着確保に回った。

沢崎のMリーグデビュー戦は2着。

第1試合だけを見ると、沢崎はやや門前寄りで、場合によっては鳴きも使うという、非常にオーソドックスな印象を受けた。

しかし驚くなかれ、この日の沢崎はサクラナイツ初の連投。

そして沢崎は我々に、先程とはまた違う

”マムシワールド”を魅せてくれた。

第2試合

東3局1本場

早々にドラを打ち出し、ホンイツに向かって手を進めていく。

そこに親の萩原がをツモ切るが…

沢崎はこのをスルー。