Mリーグの花咲かじいさん!沢崎誠が挨拶代わりに見せた”マムシワールド”【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司

そしてネックだったカンを引き寄せた。

そして石橋の切ったをポンして、いかにもアガれそうな形になった。

だがしかし、長引いてなかなかツモれない。

アガリが見込めないと見ると、

沢崎はおもむろにを切り出した。

これはいかにもテンパイでマンズが余ったように見せかけて、他家のテンパイを阻止する狙い。

また自身の形テンも狙いやすくなる、一石二鳥の一打だ。

そしてを引き入れ、悠々と一人テンパイ。

リーチ棒を出さずに3000点を得ることに成功した。

東4局2本場

なんと沢崎、この形からをポン。

雀頭が無くなるが、自身にドラも赤も無いため、待っていても親被りで大きく失点する可能性が高い。

ここから捌いていかなければ間に合わないという判断だ。

そしてもチーして、最速のテンパイ。

さらに前巡のを自身が鳴いていないことを利用して、

単騎に取った。

狙い通り、寿人は誘い込まれるようにを河に置いた。

相手が対応してくることまで読み切っての1500点のアガリ。

点数こそ小さいが、他家の大物手を確実に潰した。

南1局4本場

この局は石橋が先制リーチ。

チートイツ単騎、絶好の待ちだ。

そして安全牌に窮したのが沢崎。

現物はのみだが、を切ると苦しい形になってしまう。

に手がかかるのは時間の問題か…

「こういう時ほどね、中途半端な牌を切ってはいけないんですよ」

沢崎は全く動じず、を静かに河に並べた。

なんという守備力だろうか。

いや、そんなありふれた褒め言葉で表現するのも失礼なほど、沢崎の恐ろしさを感じた。

100人中99人は打ってしまうであろう、

この単騎。

おそらくMリーガーの中でも、止められる選手はそう多くないはずだ。

結果的には石橋がを自力でツモり、裏が乗って3000-6000。

待てよ、裏が乗ったということは…?

そう、もし沢崎がを切っていれば、12000点の放銃だったのだ。

それを3000点の失点で抑えたのは特筆すべきファインプレーである。

南2局

この局も沢崎の技が光る。まずは軽快にをポン。

筒子のホンイツに向かってまっしぐらだ。

ラス目の萩原が789を狙ってを打ち出すが…

沢崎はこのをスルーし、を引き入れて一手進めた。

そして、打ったのはではなく1枚切れの

これはホンイツの色がピンズかソーズか判別しにくくするための一打。

その間に萩原がもう一度ピンズを切ってくれたら儲けもの、というわけだ。

河の見え方も考えてみると、

ではかなり印象が違う。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!