プロ麻雀リーグ「Mリーグ」が公式オンラインストアをオープン「Mリーグ」公式グッズやレプリカユニフォームなど約40アイテムを販売

一般社団法人Mリーグ機構(本社:東京都港区、 代表理事:藤田晋)は、 2018年10月1日に開幕したプロ麻雀リーグ「Mリーグ」にて、 2019年1月31日(木)にリーグや各チームの公式グッズを販売する初の公式オンラインストアをオープンすることを発表した。

(※以下リリースより)

このたび、 「Mリーグ」では、 初の公式オンラインストア「M.LEAGUE OFFICIAL ONLINE STORE」をオープンし、 Mリーグ公式グッズや、 レプリカユニフォームをはじめとする各チームの公式グッズなど約40アイテムを販売いたします。 本オンラインストアでは、 これまでパブリックビューイングスタジオでしか購入いただけなかった公式グッズを、 ファンクラブ組織「オフィシャルサポーター」の会員であればオンラインでお手軽にお求めいただけるようになります。

「オフィシャルサポーター」は、 赤坂ドリブンズ、 EX風林火山、 KONAMI 麻雀格闘倶楽部、 渋谷ABEMAS、 セガサミーフェニックス、 TEAM RAIDEN / 雷電、 U-NEXT Piratesの7つのチームの中から応援したいチームを選んでご入会いただけるファンクラブで、 オンラインストアでは「オフィシャルサポーター」として応援しているチームのグッズとMリーグ公式グッズを購入いただけます。 (※他のチームのグッズは閲覧のみ可能。 )なお、 パブリックビューイングスタジオでのグッズ販売も引き続き実施いたします。

さらに、 「Mリーグ」では1月31日(木)より、 「オフィシャルサポーター」特典として、 Mリーガーのオフショットやサポーター限定のファンイベントのお知らせなどを発信する「ニュースページ」、 会員限定の情報が盛りだくさんのメルマガ配信(※1)も開始し、 Mリーグをより一層お楽しみいただける取り組みを行ってまいります。

昨年10月の開幕以降、 7チームが熱い戦いを繰り広げている「大和証券Mリーグ」2018はいよいよ佳境に突入し、 2月12日のレギュラーシーズン最終試合でファイナルシリーズへ進出する4チームが決定いたします。 現在、 毎週月・火・木・金曜日の19時から試合を行っておりますが、 ファイナルシリーズが始まる3月からは毎週土・日曜日(※16・17日を除く)の15時から計24試合を行い、 優勝チームを決定します。 全試合が行われる東京 浜松町にある専用スタジオ「Mリーグスタジオ」近くの会場にて不定期に開催している「パブリックビューイング」の観戦チケットは、 開幕以来全試合が完売しており、 今シーズンの全チケットも2019年1月時点で完売。 Mリーガーによる大盤解説と共に、 スティックバルーンやメガホンなどの応援グッズを手に毎回約180名のファンの方がプロ野球やサッカーと同様、 スポーツさながらの熱い声援を送り観戦をお楽しみいただいております。