【新連載】麻雀番組を10倍楽しく見る方法 第1回 Mリーグって何?【黒木真生】

新連載!麻雀番組の基本知識を0から教えます。

読めば麻雀番組が10倍楽しくなること間違いなし!


文・黒木真生

Q1
Mリーグって何?

A1
2018年10月に開幕した、チーム戦の麻雀リーグです。各チームが3名から4名のプロ雀士と契約しています。約半年間にわたるリーグ戦全試合がAbemaで生放送されます。

Mリーグ公式ホームページ

●Mリーグ参加チーム一覧
赤坂ドリブンズ(博報堂DYメディアパートナーズ)
EX風林火山(テレビ朝日)
渋谷ABEMAS(サイバーエージェント)
KONAMI麻雀格闘倶楽部(コナミアミューズメント)
U-NEXT Pirates(U-NEXT)
セガサミーフェニックス(セガサミーグループ)
TEAM RAIDEN/雷電(電通)
KADOKAWAサクラナイツ(KADOKAWA)※2019シーズンより参加

●ユニフォーム着用
Mリーグはこれまでの競技麻雀タイトル戦と違い、チーム戦であることが大きな特徴です。また、麻雀の頭脳スポーツ化を目指しており、他の団体スポーツと同様に、試合の際にはユニフォームを着用することを義務付けています。

●ドラフト会議
Mリーグではプロ野球と同じようにドラフト会議を行います。チームが契約したいプロ雀士をドラフト会議で指名し、交渉権を得て契約に至るという仕組みになっており、ドラフト会議そのものがファンの楽しみのひとつになっています。

●各チームに女性選手が最低1名
2019年度から「各チームに最低1名は女性選手を所属させなければならない」という新ルールが制定されました。

Q2
Mリーグドラフト会議って何?

A2
Mリーグの各チームが選手と契約する権利を得るための会議です。

●2018年度ドラフト会議
Mリーグ開幕にあたって、参加7チームで行いました。全チームが1巡ごとに指名を行い、被った場合は抽選というルールで行われましたが、最後の3巡目に鈴木たろうプロが被るまでは重複は一切ありませんでした。

●2018年度指名選手一覧※左から巡に指名
赤坂ドリブンズ園田賢村上淳鈴木たろう
EX風林火山二階堂亜樹滝沢和典勝又健志
渋谷ABEMAS多井隆晴白鳥翔松本吉弘
KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人高宮まり前原雄大
U-NEXT Pirates小林剛朝倉康心石橋伸洋
セガサミーフェニックス魚谷侑未近藤誠一茅森早香
TEAM RAIDEN/雷電(萩原聖人瀬戸熊直樹黒沢咲

●2018年度のサプライズ指名
指名選手発表順がドリブンズからだったので、最初に名前が出たのが園田プロでしたが、当時園田プロはあまり知名度の高くない選手でした。が、シーズン中に大活躍し、チームを優勝に導き、指名が間違いでなかったことを証明しました。
また、フェニックスの魚谷プロの1位指名も会場をザワつかせました。というのも、魚谷プロはKONAMIの対戦型麻雀ゲーム「麻雀格闘倶楽部」に出演しており、フェニックスのオーナー企業であるセガサミーは対戦型麻雀ゲーム「MJ」を運営していて、いわゆるライバル関係にあるからです。
魚谷プロも2019シーズン終盤、役満を2回アガるなど大活躍でチームをファイナル進出に導きましたので、やはりドラフト1位指名は正解だったと言えるでしょう。

Q3
Mリーグにはなぜ女性選手枠があるの?

A3
初年度から女性選手を獲得したチームが複数あり、彼女たちの活躍が目覚ましく、また、ファンの人気を集めたことから「各チーム最低1名は女性選手を所属させる」というリーグ全体のレギュレーションができました。

●黎明期のMリーグ
Mリーグは発足したばかりです。プロ麻雀界の歴史は50年近くになりますが、企業が抱えるチーム戦という形式は始まったばかりであり、これから少しずつレギュレーションやルールが変化していくでしょう。今は試行錯誤の時期であり、毎年のこういった変化が楽しめるのも、今この時代に見ているファンの特権ではないでしょうか。

●2019年度ドラフト会議
2019年度開幕前に「女性最低1人」ルールができたことにより「1チーム4名まで所属させられる」というルールに変更されました(2018年度は3名まで)。また、KADOKAWAサクラナイツが新規参入したことによって、ドラフト会議はこの年も注目されました。
まずはサクラナイツが3名の選手を指名し、その後、昨シーズン成績下位チームから順に指名を行いました。
結果、以下の選手が新たにMリーガーとなりました。

KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎岡田紗佳沢崎誠
セガサミーフェニックス和久津晶
U-NEXT Pirates瑞原明奈
KONAMI麻雀格闘倶楽部藤崎智
渋谷ABEMAS日向藍子
赤坂ドリブンズ丸山奏子
※その他チームは指名なし

●2019年度のサプライズ指名
この年もサプライズ指名がありました。若手中心のMリーグにおいてサクラナイツが大ベテランの沢崎プロを指名しましたが、レギュラーシーズンで+234.3ポイントを稼ぐなどチームのファイナル進出に大いに貢献しました。
また、プロ麻雀界のタイトル戦で優勝経験のない岡田プロ、瑞原プロ、丸山プロが指名され話題を呼びました。

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です