同じ轍は踏まない!“我慢の魔王” 佐々木寿人が手繰り寄せた 復活のホンイツ 【Mリーグ2021観戦記12/2】担当記者:ゆうせー

同じ轍は踏まない!

“我慢の魔王” 佐々木寿人が

手繰り寄せた

復活のホンイツ 

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2021年12月2日

1試合目

解説 土田浩翔  実況 日吉辰哉

トータルスコア “-78.7” 。

苦しい試合が続く、今季の寿人。

この日もまずは“我慢”から始まった。

2600をアガって迎えた東2局。対面の茅森から出た【東】をスルー。安手愚形では戦わずにガードを固めてオリにまわる。

東2局1本場は、ここで打【1ソウ】とする。最終的な待ちなら役のあるカン【8マン】。三色やドラといった【3ソウ】周りの変化は、【1ソウ】を切っても待つことが出来る。

すぐに狙い通りの【4ソウ】を引き込むも、

あと1枚が引けない。

この局は、亜樹のリーチにオリることとなった。

第2打からドラ切りを見せた東3局2本場。

茅森の【7ソウ】【8ソウ】【9ソウ】での【8ソウ】チーに対応し、【9マン】【9ソウ】を手にとどめながら進めるも、アガリまでが遠い。この局は後手から攻め返した亜樹と、寿人の2件テンパイで流局。

そして、

親番をつないだ亜樹が抜け出しに成功する。

東3局3本場の一発ツモ、4本場のタンヤオ赤赤ドラと(仕掛けにドラの【6ピン】が含まれている)、満貫を連続でツモって、持ち点は5万点オーバーに。

なんとか活路を見出したい寿人、

東3局5本場、裏目をリカバーして両面リーチを打つも、茅森と瑞原から追っかけリーチを受けることに。

そして、【2ソウ】をつかんだ寿人。茅森への放銃となってしまう。

“いつまで我慢すればいいのか。”

寿人も格闘俱楽部ファンもそう思ったことだろう。

一筋の光が見えたのは南1局1本場だった。

下家の親、瑞原は【發】をポンしている。

寿人はここから打【4ソウ】とした。

ピンズは触ることが出来ない。ソウズの両面は567がある【6ソウ】【6ソウ】【7ソウ】の方を優先しつつ、下家の瑞原が【5ソウ】【1ソウ】を切っていることから比較的切りやすい【4ソウ】を先に打った格好だろう。

【6ソウ】やピンズは手が進んだら勝負。だが、まだここからは切らない、という辛抱の一打でもある。

【4ピン】を鳴いた瑞原から【6ピン】が出た!

これを寿人はポン。【赤5ピン】を打って前に出る。

そして、寿人は瑞原も欲していた【6ソウ】を引いてテンパイを入れ、

会心の満貫ツモ。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!