Mリーグ2018ベストオブ【瀬戸熊直樹】〜21人のMリーガー名場面集〜




Mリーグ2018

ベストオブ【瀬戸熊直樹】

21人のMリーガー名場面集

文・危険な鬼太郎

 

観ているものを奮い立たせる麻雀

 

まだ、麻雀のルールを知らなかった時に麻雀プロの対局を見たことがある。

正直、今どういう局面なのか?というのが全然わからなかったが、唯一瀬戸熊直樹だけは理解できた。この男は大事な局面や、大きな手をアガった時に手が震えるからだ。

観ているものに今どういう状況なのか?瀬戸熊がいまどういう状況に置かれているのか?というのは瀬戸熊の一挙手一投足を観ているとすごくわかりやすい。

その臨場感が伝わってなおかつ勝つので、これが麻雀のプロなんだと思った。

そんな彼の麻雀には劇的なものが多い。

オーラス

トップ目を走ってきた瀬戸熊だが、園田がマイナスの持ち点から猛追。8000オールを含む6連荘で、目の前まで迫ってきた。

瀬戸熊がポン。

瀬戸熊にしてはなかなか珍しい中バックの仕掛けだ。トップをとらなければ価値がないといってもいいMリーグルールでは瀬戸熊のなりふり構わない仕掛けをよく見る。

自分の麻雀を少し曲げてでもトップが必須なのだ。

が暗刻になり、形上は聴牌だが役なし聴牌。このままの形でが出てくれれば簡単になるが…。

役なしのをツモってフリテンのシャンポンに受ける瀬戸熊。

瀬戸熊に限らず、他の麻雀プロはポーカーフェイスを貫くプロが多いが、この瀬戸熊は少しガックリしているように見えた。

このフリテンをツモった時に瀬戸熊には力が入っているように見えた。瀬戸熊の「よし!勝った!」という心の声が聞こえてくるような力強いアガリに見えた。

このアガリにももちろん「ひどいアガリだ!」とか「初心者みたいなアガリだ!」といったコメントも目立った。

確かに美しいアガリ形ではない。でも私はこう思う。自分の麻雀を貫いて2着になるより、多少不格好でも1着になったほうがかっこいいのではないのか?と。

次は違うオーラスを観ていきたい。

7巡目でもうこの手格好。一着目との前原との点差はちょうど1万点。マンガンツモで同点だが、この手だと跳満にして単独一着を狙いたい。

もう目の力が凄い。どの牌が重なるのか?相手の手牌はどうなっているのか?気合がこちらまで伝わってきそうだ。

瀬戸熊が四暗刻をリーチした瞬間、雷電サポーターからの拍手が鳴り響いた。の出アガリで跳満。逆転だ。

ファンのみんなもまた、瀬戸熊の打牌のトーンからも熱気を感じている。

もはや牌を握りつぶさん勢いで牌を絞る瀬戸熊。観ている人も、もしや四暗刻をツモったのではないのか?と心を踊らされる。

ここでは、近藤が親の6000オールを引き当てたが、会場の盛り上がりが凄かった。他のサポーターの方も手を叩き、アガリを讃えていた。

それだけ素晴らしい一局だった。

瀬戸熊が打っている局には劇的な場面も多い。

オーラスに高宮にアガられての一本場。

マンガンツモで逆転の瀬戸熊にドラ4のシャンポン聴牌が入る。あとはリャンメンに変わるのを待ってリーチを打つだけだ。あとは、そのままの形でツモってもかまわない。

そして勝又が聴牌してリーチ!

瀬戸熊が持っているがリャンメンの変わってしまったらあわや放銃という危険性もあったが、

ここはマンズが変化して勝又に対する放銃を回避。