Mリーグ2018ベストオブ【白鳥翔】〜21人のMリーガー名場面集〜

Mリーグ2018

ベストオブ【白鳥翔】

21人のMリーガー名場面集

文・危険な鬼太郎

 

白鳥翔はなぜ一流プロになれたのか?

 

現在では麻雀のTV対局はすごく増えた。番組自体も増えたし、生放送で自団体のリーグ戦を配信する団体も増えた。

ここ数年で、麻雀という競技に大きな変化があった。もちろんこれ以前に麻雀の放送はあったが、生放送などではなく、視聴者に見やすい編集などをして放送していたのがほとんどだ。

そんな生放送で自分の麻雀を放送されるのを嫌ったのが、白鳥翔だ。

なにせ自団体には、瀬戸熊、黒沢、前原、藤崎、寿人といった打点が高い打ち手と、個性の塊のようなメンツがいる。

仕掛けて仕掛けて、ようやく千点二千点を必死にアガる自分の麻雀と、マンガンをベースにしている重い麻雀の瀬戸熊、黒沢といった打ち手のほうが視聴者が喜ぶのではないのか?と。

自分の麻雀は今の時代に必要なのか?求められているのか?

模索しながらも、白鳥は生放送の時代に結果を残した。タイトルも獲得し、モンドといったTV対局でも自分の打ち筋を視聴者に見せた。

さらに白鳥はMリーグという大舞台でも活躍しようとしている。

前置きが長くなってしまったが、そんな白鳥の唯一無二の選択を見ていきたいと思う。

ここまでダンラスの白鳥。選択が来る。

手広さだけならばドラのや、切りになりそうだ。しかし、麻雀ハイブリット白鳥は

。この程度の手牌と場の状況で手牌を決めてしまうのは怖い。まだまだ序盤なので裏目のを引いても立て直せるし、ソウズの下は良い。すべての可能性を残した切りだ。

しかし、2着目村上からのリーチをもらう!

白鳥も村上に追いつくようにドラを重ねてのイーシャンテン!

手牌的には通りやすそうなを切りたいが、村上に100%通る牌ではない。しかし、ドラ表の単騎以外ではあたらない牌。

供託泥棒が絞り出した決断とは。

この手牌の生命線はドラのとドラ表に一枚見えているを鳴けた場合の単騎では捲り合いにやや分が悪くなる。

ならが速くスジのを若干勝負だ!少しの危険でリターンが大きい。これがスワンの選択。

村上からをポン!一気にアガリへの道筋ができた。少し引いた打の選択をしていたら大変なことになっていた。

そしてドラのをツモ!役役ドラ4の6000オール!トップへと躍り出た!

数々の微差の選択を正解した白鳥。この冴えている選択ができるのならば、トップまで…。とファンは願っていただろう。

しかし、次局の一本場。

村上が七対子ドラドラ聴牌から、待ちを選び、一枚切れの単騎でリーチをかける!

そして親番の白鳥。

絞る意味で一枚切れの当たり牌を残していた。しかし、村上の捨て牌が凄くうまい。変則的な捨て牌に見えず、七対子や字牌待ちには見えない。しかも白鳥の手牌には安全牌はしかない。

これは秒で打かと思われた。

ここで、まさかの一枚しかない現物の打。ここで最悪なのが村上に放銃すること。トップが遠いのでそれが最重要だ。

いかに自分の手牌が、ピンフドラドラのイーシャンテンだろうが、が通りやすかろうが、着順ダウンが最低の場面。ロジカルな選択を見せた。

 

安全牌が続かずに次順、村上に放銃。一発は回避したのでなんとかマンガンどまりの点数になった。

悪夢はまだ続く。

オーラス。

白鳥の打牌はこの手から打。手広さやタンヤオへの渡りを考えるならば、切るのはしかないが、寿人や村上に鳴かれてこれ以上の連荘や着順ダウンは避けたい。

いたって普通の一打に見えた。

寿人がリーチ!

や、それ以外でも裏ドラが一枚乗れば逆転の手だ。

寿人のリーチ宣言牌を白鳥がチー!

 

これで寿人に放銃して、一気にラスまで落ちた。

座してラスになるか、3着になるか見守るよりも、自分がアガって3着死守に出たが失敗。白鳥の長所であるところが悪く出た場面だ。

だが、ファイナルシリーズではどうか?

オーラス、2400点差を追う白鳥。

これに対してラス目の亜樹が速いリーチ!

そして高宮から出たに考える白鳥。

点差から考えれば鳴く一手。亜樹からのリーチ棒で300-500がOKになり、赤牌などを引けば無条件の逆転手ができる。

白鳥が迷っているのはを切るかを切るかだけだ。

リーチがかかった以上、手牌をこれ以上広げるのも怖い。なら、聴牌効率が広い打。バランスに比重を置いている白鳥にしては苦渋の決断に見えた。

白鳥が聴牌。

ここは亜樹の現物の待ちに受けず、安パイのを切った。親のたろうは明らかに受け手順。いくら現物とはいえ白鳥のを見た後でを放銃してくれるとは思いにくい。

白鳥に待ち換えの危機が。

が自分の目から見て3枚見え。ワンチャンスだ。は通しやすそうに見えるが亜樹のロン牌。よりは良い待ちだ。

白鳥は打。亜樹からが出れば逆転。早いリーチにワンチャンスもなにも無い。亜樹がマンガンツモを狙った着順アップだとすれば、タンヤオ牌はなるべくは避けたいところだ。

一打一打思考を挟み、場を見る白鳥。

白鳥は瀬戸熊にはなれないし、黒沢にもなれない。だが、逆だってそうだ。

瀬戸熊は白鳥みたいに打たないし、黒沢だって絶対しないだろう。そんな気合のこもった300-500のツモだった。

こんな映える300-500はなかなかないですよ(笑)

これから麻雀界を支える人材の白鳥。そんな彼が今後どういった方向に進化していくのかが楽しみだ。

 

危険な鬼太朗
小説家に憧れる中で、競技麻雀に惚れ込んだ二十代。視聴者と一緒の視点に立ってわかりやすい記事を書いていきたい新人ライター。ツイッターはこちら→危険な鬼太郎