やれることは絶対に、逃さない。U-NEXT Pirates 仲林圭 音速のドラポン!【Mリーグ2022-23観戦記11/24】担当記者:ゆうせー

やれることは絶対に、
逃さない。
U-NEXT Pirates
仲林圭 音速のドラポン!

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2022年 11月 24日

第1試合

東家:伊達朱里紗(KONAMI麻雀格闘倶楽部)
南家:松ヶ瀬隆弥(EX風林火山)
西家:仲林圭(U-NEXT Pirates)
北家:丸山奏子(赤坂ドリブンズ)

解説 魚谷侑未  実況 小林未沙

今季、新しい選手が2名入ったシン・パイレーツ。

本日の先発は、

「龍を継ぐもの」仲林圭

東1局。仲林は7巡目、

【白】を暗槓する積極策から、

【7ピン】を引き入れてリーチを放つ!

ツモれば役満、四暗刻。出アガリでもリーチトイトイ三暗刻【白】のハネマンからのスタートだ。

残り1枚のアガリ牌、【南】を巡ってのルーレットが始まる…

かに見えたそのとき、

「リーチ」

目下絶好調の松ヶ瀬が追っかけリーチを打ってきた!

打点は満貫スタート。そして待ちは、【3ピン】【4ピン】【5ピン】【6ピン】の四面張。

何とは言わないが、丸いものに縁がある松ヶ瀬。ここも枚数利を活かしてピンズ待ちで押し切るか。

そこへ、

手が入っていた親番の伊達が割って入ろうとするも、リーチ宣言牌【5ピン】は松ヶ瀬のロン牌。

三者がぶつかりあった東1局は、松ヶ瀬のアガリとなった。

リーチタンヤオドラドラ裏の8000点。

試合前のインタビューでは、間合いの取り方を含めて雀風で「似たものを感じる」と意識し合っていた、松ヶ瀬と伊達。

出だしの一局では、明暗を分けることになった。

東2局は、

テンパイの入っていた伊達が中盤に空切りリーチ。

「リーチ」


そこへ丸山が、

【6マン】を切って【8マン】単騎でぶつけてきた!

二人が見ていたのは、

画像上部、南家仲林の切り出しだった。マンズに焦点を合わせたリーチどうしの対決。

これが終盤までもつれる。ここで小考に入ったのが、残りツモ1回となった仲林だった。

手牌はこちら。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!