小林剛、セミファイナル初勝利!! プラス圏に復活し、虎視眈々と上位を狙う!!

小林剛、

セミファイナル初勝利!!

プラス圏に復活し、

虎視眈々と上位を狙う!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ」の4日目、第2戦は小林剛U-NEXT Pirates)が、トップを獲得。苦戦を強いられていたパイレーツに、小林がセミファイナル初勝利の朗報をもたらした。

第2戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人渋谷ABEMAS多井隆晴セガサミーフェニックス茅森早香、そして小林の4名。

開局早々、親の多井から3巡目に先制リーチがかかる。これに追いついたのが西家・茅森。ドラの【北】【5ソウ】のシャンポン待ちで追いかける。そして多井が【5ソウ】を掴んで赤1・ウラ1の8000点の放銃に。茅森の鮮やかなカウンターが決まる。

東2局1本場、自風の【西】をアンコにした小林が赤2の手を佐々木から仕留めて6400点。小林が2番手に。

そして東4局、小林の親番。2巡目リーチをかけたのは多井。ドラ1のペン【3マン】待ち。小林はやむなく【7ピン】をアンカン。新ドラの【中】単騎待ちで追いかけリーチをかけ、多井からの討ち取りに成功。赤1・ドラ2・ウラ2の18000点。小林が茅森をまくってトップ目に立つ。

南4局1本場、親の小林にメンホン・ピンフのダマ親マンの手が入る。待ちの【2マン】【5マン】は牌山にはいなかったが、【5マン】アンコの多井にチートイツのテンパイが入り【5マン】が押し出されて12000点。

自身の親番では6000オールをツモって、箱下から復活していた多井だったが、この一撃でふたたび箱下に。

2本場では、素点回復を狙った多井がリーチをかけるが、1人テンパイで流局。試合終了となった。

小林はインタビューで、

「(セミファイナル初トップで)みなさん大変お待たせしました。チームメイトが不幸な目にあって、僕だけ恵まれたという感じがしますね。勝ち上がりボーダーは50〜100ぐらいになると思うので、もうちょっとプラスすればファイナルに出場できますので、がんばっていきたいと思います」

と語った。

【Result】
1着 小林剛・パイレーツ 6万2400点/+82.4
2着 茅森早香・フェニックス 3万2500点/+12.5
3着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 1万900点/▲29.1
4着 多井隆晴・ABEMAS ▲5800点/▲65.8

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +235.2(4/16)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +232.7(6/16)
3位 渋谷ABEMAS +125.9(6/16)
4位 セガサミーフェニックス +115.5(6/16)
5位 U-NEXT Pirates +66.8(6/16)
6位 EX風林火山 ▲26.1(4/16)

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ4日目 

詳細情報
KONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ」
3月25日の対戦はKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

キャスト

KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
U-NEXT Pirates
実況:松嶋桃
解説:鈴木たろう
解説:丸山奏子
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ4日目

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!