届かない「あと1牌」どんなに報われなくてもリーチを打ち続ける高宮まりの覚悟【熱論!Mリーグ/FS第1節】

熱論!Mリーグ【FS第1節】

届かない「あと1牌」

どんなに報われなくても

リーチを打ち続ける

高宮まりの覚悟

文・ZERO【FS第1節担当ライター】2019年3月2日

 

——あまりにも長かった。

あの興奮のレギュラーシーズンが終わってから3週間弱が経つ。

その間に大きな発表があったことをみなさんはご存じだろうか。

 

ファイナルシリーズのスポンサーに「朝日新聞」が付くことになったのだ。

この意味は非常に大きい。

朝日新聞と言えば日本を代表する新聞社。

おそらくファイナルの結果が朝刊に掲載されることになるだろう。

世に広く認知され、もしかしたら海外メディアも注目するかもしれない。

それだけではない。

 

 

ファイナル開幕の朝、超有名ボクシングマンガ「はじめの一歩」とMリーグがコラボし、スポーツ新聞7紙に広告を出しているのだ。

こうした企業努力のおかげで、今まで「暗くて危険な賭け事」として日の目をみなかった麻雀が、

「熱くて面白い知的スポーツ」

として世に認められつつある。

そのことを強く感じた出来事が…

 

 

しょこたん(中川翔子)が麻雀にハマっていることをTwitterでカミングアウトしたことだ。

しょこたんは生粋のゲーマーなので、対応力もあるし上達も早いと思う。(何様)

そして麻雀の魅力を知ってしまったらなかなか抜け出せないであろうことも想像に難くない。

そんな話ではなくて、このようにアイドルや著名人が平然と「麻雀がマイブーム!」って世に発信できる環境を作ったのがMリーグの大きな功績だろう。まだ半年しか経っていないが、世への麻雀の浸透度は、加速度的に大きくなっていると確信した。

こうして、期待感が溢れる中、ファイナルの放送が始まった。

最初に流れたのが、レギュラーシーズンをまとめたようなダイジェストだった。

これを見ているだけで感動が蘇ってくる。

 

 

 

 

風林火山の安定感、格闘倶楽部の復活、ABEMASの浮き沈み、ドリブンズの生き残り…

いろいろな出来事があったことを思い出した。

そして最終的にファイナルに向けてポイントはこうなった。