石橋伸洋、なぜか南場に強いこの男!! 会心の6000オールで2連続逆転勝利!!

石橋伸洋、
なぜか南場に強いこの男!!
会心の6000オールで
2連続逆転勝利!!

プロ麻雀リーグ「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」の3日目第2戦は、石橋伸洋U-NEXT Pirates)がトップを獲得。

火曜日に続いて、東場は苦戦を強いられた石橋だが、南場に入って覚醒。松本からマンガンを討ち取って戦線復帰、ラス親ではチートイツ・ウラ2をツモアガって一気にトップ目に。1戦目の朝倉のラスを帳消しにしてお釣りの来るトップで、自身の2連勝を飾った。

2回戦の対局者は、渋谷ABEMAS松本吉弘KONAMI麻雀格闘倶楽部高宮まりKADOKAWAサクラナイツ沢崎誠、そして石橋。

石橋は東1局に、沢崎のチートイツ・ドラ2のヤミテンに刺さっていきなり9600点の手痛い失点を被る。

東ラスの親番も流されて、石橋4着のまま南場に入る。

北家の石橋、ドラが雀頭の待ち先制リーチをかける。そこに赤牌を2枚使った松本が、のシャンポン待ちで追いかけリーチ。さらにでチーしてテンパイの高宮も参戦。456サンショクのカン待ち。

決着は松本がを掴んで石橋のアタマハネ。ウラが1枚乗って8000点。南場に入って早々に石橋がラス抜けに成功。

オーラス2本場、親の石橋は3巡目にtチートイツ単騎待ちでリーチを敢行。道中で松本がをアンカンすると新ドラが。松本の手が、アガれば文句なくトップの手に化ける。しかし、決着は石橋のツモアガリ。カンウラが乗って6000オール! これで一気に石橋がトップ目に立つ。

さらに同4本場、石橋は・ドラ2の7700点のテンパイを入れ、沢崎から討ち取り。さらに点棒を積み上げて、盤石のトップで火曜日に続く2連勝を獲得した。

勝利者インタビューで石橋は「前回もなんですが、東場はダメだなぁってところから急にトップ取れそうなところになって、ビックリしましたね(笑)。1回戦で朝倉さんがラスを引いて落ち込んでて、なんとかしなきゃと思いながらも、絶対トップ取ってやるとは思ってませんでした(笑)。朝倉くん、元気だしてということでと語った。

【Result】
1着 石橋伸洋・パイレーツ 4万9400点/+69.4
2着 松本吉弘・ABEMAS 2万1000点/+1.0
3着 沢崎誠サクラナイツ 1万5900点/▲24.1
4着 高宮まり麻雀格闘倶楽部 1万3700点/▲46.3

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +215.1(4/16)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +90.0(4/16)
3位 渋谷ABEMAS +78.8(4/16)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +80.4(4/16)
5位 U-NEXT Pirates +43.6(4/16)
6位 TEAM雷電 ▲142.5(4/16)
7位 赤坂ドリブンズ
8位 EX風林火山

「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」

3月19日の対戦は
渋谷ABEMASvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsKADOKAWAサクラナイツvsU-NEXT Pirates

セミファイナルシリーズは、
レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。

キャスト

渋谷ABEMAS
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
KADOKAWAサクラナイツ
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ3日目

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!