大三元テンパイで猿川真寿が手を伸ばした、ハイテイ牌の行方 担当記者 ゆうせー【Mリーグ2023-24観戦記 11/23】

大三元テンパイで
猿川真寿が手を伸ばした、
ハイテイ牌の行方

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2023年11月23日

第1回戦

東家:園田賢赤坂ドリブンズ
南家:高宮まり(KONAMI麻雀格闘俱楽部)
西家:二階堂瑠美EX風林火山
北家:猿川真寿BEAST Japanext

胸が痛い─

「ロン」

「12000」

「ロン」

「2600は3200」

「ツモ」

「3000-6000」

滅多打ちにされてきた東場。

その締めくくりは、ハネマンの親かぶり。

あまりにもひどい麻雀の仕打ちに、見ているこちらの心が張り裂けてしまいそうだ。

だが、

猿川真寿は諦めなかった。

第一ツモで、夢のかけらである【中】を持ってくると、

ここから【白】を果敢にポン。

次巡、

【東】を引いてきたところで、打【7マン】

いわゆる「牌効率に逆らう打牌」だが、狙いは2つ。

ひとつは「ソウズのホンイツ

そして、もうひとつは、

このように「【9マン】まで払い切って、ターツ落としを見せること」だ。

否が応でも、ラス目の仕掛けには視線が行く。

いいカンチャンのターツを内側から払うことで他家に警戒をさせ、勝負を長引かせる意図だろう。

「なんとかして、この手を育てたい」

その猿川の意志に、

牌が応える。

ドラの【發】を引いた。

ここで猿川は、

【東】とする。

これも、切り順を考慮しての打牌だと推測する。

【東】のあとに別色の数牌を切ることで、他家に、

「ピンズやマンズのブロックも持っているかも」

と思わせて、手牌を読ませないのが目的だろう。もちろん大三元は残る。

もしかすると、【發】が重なったからには、状況によっては染めないで、ミニマム満貫の手にすることも視野に入れていたのかもしれない。

続けて、

【北】をツモ切り。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/