この一年の経験を、無限の可能性へと変えて 雷電ユニバースと思い描く本田朋広の未来【Mリーグ2021観戦記3/3】担当記者:ゆうせー

この一年の経験を、

無限の可能性へと変えて

雷電ユニバースと思い描く

本田朋広の未来

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2022年3月3日

2021年10月7日(木)、

本田朋広は、のびのびとした攻撃的な麻雀を武器に、デビュー戦を勝利で飾った。

そこからはチームにとっても、そして本田にとっても、

苦しい日々が続いた。

泣いても笑っても、あと6戦。

ならば、笑って終わろうじゃないか。

先発、本田朋広は大股で卓へと向かった。

【第1試合】

東家:白鳥翔渋谷ABEMAS
南家:本田朋広TEAM RAIDEN / 雷電)
西家:石橋伸洋U-NEXT Pirates
北家:東城りおセガサミーフェニックス
解説 渋川難波  実況 日吉辰哉

東3局、

本田の手が止まる。

役はタンヤオ。4枚並んでいるのはドラの【3マン】

石橋はリーチ。東城はマンズ、白鳥もアガリに来ている。

意を決した本田は、

「カン」

【3マン】4枚を右に並べた。マンズを見切り、リーチに通っていない【7ソウ】周辺を使おうと、本田は積極策に出る。

しかし、リンシャン牌にフラれ、本田はイーシャンテンのまま変わらずに、局は進んでいく。

カメラがすかさず追ったのは、東城の表情だった。

チンイツのアガリ牌が瞬時に消滅した東城。すぐさま立て直しを図る。

次に映る、

白鳥はハンドの不利を悟って、大きくまわる。

次の手番の本田は、

あまりにも尊い【6ソウ】を引き入れて、テンパイを果たした!

リーチの石橋の待ちは、

カン【6ソウ】だった。

「本田のアガリだ。」

神視点で見ている我々はそう思った。

山が少なくなり、いよいよ決着かと思われたそのとき、

本田のもとに【3ソウ】がやってきた。

残りのツモは石橋も本田も1回ずつ。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!