松ヶ瀬隆弥、今季も絶好調!! パーフェクトな手作りで繊細なる超巨砲の健在をアピール!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン】

松ヶ瀬隆弥、今季も絶好調!

パーフェクトな手作りで

繊細な超巨砲は健在!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の開幕3日目、第1戦は松ヶ瀬隆弥EX風林火山)が、トップを獲得。闘いは丸山以外の三者によるツモ合戦となった。南2局・3局と続けてマンガンのアガリを決めた松ヶ瀬が、滝沢をまくって今季の1勝目をつかんだ。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ丸山奏子KONAMI麻雀格闘倶楽部滝沢和典TEAM RAIDEN / 雷電・瀬戸熊直樹、そして松ヶ瀬の4名。

東1局、親の滝沢と南家・丸山のリーチ合戦は滝沢に軍配が上がる。カン【2ソウ】待ちをツモって、ドラ1・ウラ1の4000オール。滝沢は1本場も食いタンヤオ・ドラ2の2000オールをツモって、早々に4万点オーバーに。

その後、瀬戸熊は2000・4000と3000・6000のツモアガリ、松ヶ瀬は4000・8000のツモアガリと丸山からの12000点の直取りと、大物手が吹き荒れる展開に。

南2局2本場に、【中】ドラ1・赤2の2000・4000をツモった松ヶ瀬が、滝沢に肉薄し。南3局にチンイツの8000点をリーチの瀬戸熊から討ち取って逆転。

オーラスは、瀬戸熊が丸山からチートイツ・ドラ2の6400点を仕留めて試合終了。松ヶ瀬の完璧な手作りが光った試合となった。

松ヶ瀬はインタビューで、

「(トップスタートは)正直うれしいですし、ほっとしてます。苦しい展開で初日を終わって、今日僕が負けるとずるずるそのまま行っちゃてもおかしくない気がするので、食い止められたのは大きかったと思ってます」

と語った。

【Result】
1着 松ヶ瀬隆弥・風林火山 5万1200点/+71.2
2着 滝沢和典麻雀格闘倶楽部 4万4200点/+24.2
3着 瀬戸熊直樹・雷電 3万600点/▲9.4
4着 丸山奏子・ドリブンズ ▲2万6000点/▲86.0

【Total】
1位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +121.2(3/94)
2位 渋谷ABEMAS +64.3(2/94)
3位 セガサミーフェニックス +24.6(2/94)
4位 KADOKAWAサクラナイツ ▲5.9(2/94)
5位 EX風林火山 ▲21.4(3/94)
6位 U-NEXT Pirates ▲46.6(2/94)
7位 赤坂ドリブンズ ▲51.8(3/94)
8位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲84.4(3/94)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀格闘倶楽部vs雷電

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKONAMI麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KONAMI麻雀格闘倶楽部
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:日吉辰哉
解説:内川幸太郎
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀格闘倶楽部vs雷電

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!