黒沢咲、これぞセレブの真骨頂!! オーラス大逆転の 四暗刻単騎炸裂!!

黒沢咲、
これぞセレブの真骨頂!!
オーラス大逆転の
四暗刻単騎炸裂!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の83日目第2戦は、黒沢咲TEAM雷電)がトップを獲得。

オーラス、勝又と村上がデッドヒートを演じているところに、黒沢が内川から四暗刻単騎を討ち取って一気に大逆転トップを獲得。黒沢は9勝目をあげてチームは3位に浮上。雷電の面白い麻雀を存分に味あわせてくれた。

2回戦の対局者は、赤坂ドリブンズ村上淳EX風林火山勝又健志KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎、そして黒沢。

試合はマンガン・ハネマンの高打点が飛び交う乱打戦となり、オーラス2本場を迎えた時点でトップは勝又、2着は村上。その差は3800点。

11巡目、どこまでも点棒を稼ぎたい親の勝又が、ドラ1の手で先制リーチ。待ちは

しかしその同巡、黒沢には四暗刻のテンパイが入る。黒沢は河に1枚切れのに待ちをチェンジ。その後、黒沢はをアンカン。他家に大物手を予感させる。

そしてラス目の内川にも大物手のテンパイが。・ドラ3・赤2のハネマン。待ちは。ツモか黒沢からの直撃で3位に浮上する。

そのが勝又からこぼれる。しかし内川、これをスルー。着順が変わらないことと、現状7位のドリブンズがトップになってしまうためだ。

そして黒沢のアガリ牌のが村上と内川の最終ツモに立て続けにやってくる。村上は抑えたが、ノーテン罰符で次局の条件が悪化してしまう内川は、長考の末にを選択。

黒沢が32000を内川からアガッて、3位から一気にトップへと躍り出た。

勝利者インタビューで黒沢は「この試合も出てくるときに、チーム状況的に踏ん張らないといけないというプレッシャーがありました。でも最近図太くなってきたみたいで、楽しんで最後まで諦めずに打とうと思ってたら、ミラクルが起きて自分でもびっくりしていますと笑顔で語った。

黒沢咲 圧巻の四暗刻単騎!

▲黒沢の手牌が開かれ 思わずうなだれる内川

【Result】
1着 黒沢咲・雷電 4万8300点/+68.3
2着 勝又健志・風林火山 4万3500点/+23.5
3着 村上淳・ドリブンズ 4万700点/+0.7
4着 内川幸太郎サクラナイツ ▲3万2500点/▲92.5

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +422.4(82/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +152.2(82/90)
3位 TEAM雷電 +59.0(84/90)
4位 渋谷ABEMAS +42.7(82/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ +6.6(84/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲78.0(82/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲149.6(84/90)
8位 EX風林火山 ▲475.3(84/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

2月25日の対戦は
ドリブンズ vs 風林火山 vs サクラナイツ vs 雷電

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:松嶋桃
解説:白鳥翔
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
大和証券Mリーグ2019 赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!