打牌で夢を見せてくれる男 近藤誠一が持つ唯一無二のスタイル「勝負処麻雀」【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー

熱論!Mリーグ【Mon】

打牌で夢を見せてくれる男 

近藤誠一が持つ

唯一無二のスタイル

「勝負処麻雀」

文・ゆうせー【月曜担当ライター】2020年3月23日

1戦目

東家 前原雄大(麻雀格闘倶楽部)

南家 瑞原明奈(U-NEXT Pirates)

西家 沢崎誠(サクラナイツ)

北家 近藤誠一(セガサミーフェニックス)

実況 小林未沙

解説 土田浩翔

東1局、東2局1本場はいずれも流局となり、迎えた東3局2本場

親の沢崎が瑞原からをとらえる。リーチ一発赤、7700は8300。供託のリーチ棒と合わせて、かなりの収入だ。

これにとどまらず、

沢崎は続く東3局3本場にも、リーチ赤赤裏を前原から出アガリ。12000は12900点のアガリだ。

親番には、こだわりをもっている沢崎。その強さは特筆ものである。

負けじと前原も、東3局4本場

ドラのをカンして、このツモり四暗刻のリーチを放つ。

が、これは山に残っておらず、流局。

沢崎のアガリを除いては流局が続く。重い展開だ。

そして、東4局5本場

親番を迎えた近藤の配牌は、

赤が2枚ある。いい手だ。

近藤は初打にを並べた。じっくり手作りして、リーチに持っていきたいこの手。

他の人に重ねられる前に役牌をつぶしたり、他の人の手が整っておらず鳴きたくないうちに役牌を切っておいたりすることで、門前勝負に持ち込むのが狙いだ。

だから近藤は、

次巡も打とした。

ここは勝負の局にしたいという意志が、この役牌並べ打ちからひしひしと伝わってくる。

近藤3巡目のツモは、

だ!赤牌を全て手中にし、近藤はを切っていった。

しかし、

近藤が4巡目に切った2枚目のを沢崎がポン。目的は親落としだ。

仕掛けが入ったので、次のツモはまた近藤だ。引いたのは、

!これでイーシャンテン。タンヤオで仕掛けをすることも出来る。

ただ、他家も着々と手を進めていた。

前原はイーシャンテン。

瑞原もイーシャンテン。

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!