佐々木寿人、今季初トップ!! 麻雀格闘倶楽部、全連対継続中の絶好調!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

佐々木寿人、今季初トップ!

麻雀格闘倶楽部、

全連対継続中の絶好調!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の6日目、第1戦は佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。開局のリーチ合戦を制した佐々木が要所でアガリを決め、好位置からオーラスにトップ目の渋川を差し切って、自身の初トップをもぎ取った。

第1戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ渋川難波セガサミーフェニックス魚谷侑未U-NEXT Pirates仲林圭、そして佐々木の4名。

東1局、西家・佐々木と北家・仲林のリーチ合戦は佐々木に軍配が上がる。カン【6ピン】待ちのタンヤオイーペーコーに親の渋川が捕まって5200点を献上。

東2局は魚谷が親番で4000オール。渋川が南場の親で12000を2度決めるなどして、渋川のトップ目でむかえた南1局3本場。魚谷がリーチをかけるも、佐々木が仕掛けてのチンイツ・ドラ1を仲林から仕留めて12000点。

親の仲林がハコ下となり、他三者の三つ巴となったオーラス。佐々木と仲林のリーチ合戦となり、終盤で佐々木が仲林から討ち取って試合終了。ピンフ・赤1の3900点で、渋川をかわして佐々木がトップとなった。

佐々木はインタビューで、

「公約通り滝沢(和典)君より先にトップを取れて、非常にうれしく思ってます。(チーム全連対中について)誰かが外すことに成るんでしょうけど、自分でそれをやりたくなかったんで繋げてよかったですね」

と語った。

【Result】
1着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 4万1100点/+61.1
2着 渋川難波サクラナイツ 3万9900点/+19.9
3着 魚谷侑未・フェニックス 2万9800点/▲10.2
4着 仲林圭・Pirates ▲1万800点/▲70.8

【Total】
1位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +196.0(5/94)
2位 渋谷ABEMAS +174.2(6/94)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +100.9(5/94)
4位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲56.2(6/94)
5位 EX風林火山 ▲88.4(6/94)
6位 セガサミーフェニックス ▲96.8(5/94)
7位 赤坂ドリブンズ ▲104.5(6/94)
8位 U-NEXT Pirates ▲125.2(5/94)

大和証券Mリーグ サクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvsPirates

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsKONAMI麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
U-NEXT Pirates
実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券Mリーグ サクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!