東城りお、ハネマンツモのリードを生かして、逃げ切り今季初勝利!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

東城りお、ハネマンツモの

リードを生かして、

逃げ切り今季初勝利!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の6日目、第2戦は東城りおセガサミーフェニックス)が、トップを獲得。均衡する試合を破ったのは東4局。滝沢とのリーチ合戦を制して、ハネマンを成就させた東城が今季初トップをつかんだ。

第2戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾KONAMI麻雀格闘倶楽部滝沢和典U-NEXT Pirates鈴木優、そして東城の4名。

開局は西家・鈴木がリーチをかけて、南家・堀からピンフ・高めサンショク・ドラ1の8000点のアガリを決める。初戦ラスの雪辱に燃える。

拮抗した試合が大きく動いたのは東4局1本場。親の滝沢のカン【7マン】待ちリーチを即座に追いかける。ピンフサンショク・ドラ1の【4マン】【7マン】待ち。さらに鈴木もピンフ・赤2のヤミテンを入れるが、アガったのは東城。【4マン】をツモって3000・6000。頭一つ抜け出すことに成功する。

東城は、南3局にも7巡目リーチをかけて一発ツモ。【2マン】【5マン】【6マン】待ちの【5マン】を引き寄せて、赤1・ウラ1の2000・4000。このアガリが決め手となって、東城がうれしい今季初トップを獲得。

オーラスを制したのは鈴木。300点差で滝沢をかわして2着にすべり込んだ。

東城はインタビューで、

「自身の1戦目ラスから始まって、大丈夫かなと思ってたんですけど、すぐトップ取れて安心しました。フェニックスはここまで低迷してましたが、ここから力を合わせて上を目指していきたいと思います」

と語った。

【Result】
1着 東城りお・フェニックス 3万5700点/+55.7
2着 鈴木優・Pirates 2万2500点/+2.5
3着 滝沢和典麻雀格闘倶楽部 2万2200点/▲17.8
4着 堀慎吾サクラナイツ 1万9600点/▲40.4

【Total】
1位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +178.2(6/94)
2位 渋谷ABEMAS +174.2(6/94)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +60.5(6/94)
4位 セガサミーフェニックス ▲41.1(6/94)
5位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲56.2(6/94)
6位 EX風林火山 ▲88.4(6/94)
7位 赤坂ドリブンズ ▲104.5(6/94)
8位 U-NEXT Pirates ▲122.7(6/94)

大和証券Mリーグ サクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvsPirates

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsKONAMI麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
U-NEXT Pirates
実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券Mリーグ サクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!