抗え、最後の1牌まで あらゆる逆境をはね除けて、黒沢咲は希望を紡ぐ【Mリーグ2020観戦記3/11】担当記者:東川亮

抗え、最後の1牌まで 

あらゆる逆境をはね除けて、

黒沢咲は希望を紡ぐ

文・東川亮【木曜担当ライター】2021年3月11日

やはり、立ちはだかったのは佐々木寿人だった。

一発ツモ、裏3での倍満。

魔王と称される男の繰り出した人知の及ばぬ一撃に、TEAM雷電瀬戸熊直樹はどうすることもできないまま敗れた。

神、あるいは天命と呼ばれるものが、雷電ではなくKONAMI麻雀格闘倶楽部を選んだ。

第1回戦の決着に、そんなことすら頭をよぎる。

だからといって、諦めていいはずがない。

たとえ全てが敵になったとしても、TEAM雷電は最後の1牌まで戦う。

大和証券Mリーグ2020・レギュラーシーズン最終戦。

必勝を期した一戦に臨んだのは、チームの勝ち頭、黒沢咲だった。

たおやかな双肩には、雷電ユニバース全ての思いが乗っている。

第2回戦

東家:黒沢咲TEAM雷電

南家:前原雄大KONAMI麻雀格闘倶楽部

西家:二階堂亜樹EX風林火山

北家:園田賢赤坂ドリブンズ 

トップが至上命題の一戦、最初の親番の手牌からは、ダブホンイツがはっきりと見える。

ここで満貫クラスのアガリを決められれば、一気に道は開けるだろう。

そんな好配牌をもらいながら、まさか園田から3巡目にリーチが飛んでこようとは。

しかも待ちはの3メンチャンで山に9枚残り、高目ツモでハネ満からという大物手。

今の雷電を象徴するかのような逆境、雷電ユニバースとしては、思わず呪いの言葉の一つでも吐きたくなる展開だ。

字牌を切って粘るが、を引いて手が止まる。

現物としてはがあるが、これを打てば自身のアガリからは大きく遠のくため、現状を考えれば選びたくない。

とは言え、ホンイツでの満貫を狙うとなると右にあるソーズ・マンズを切り飛ばさなくてはいけない。

黒沢はに手をかけた。

全く通っていないマンズに手をかけるくらいなら、ということかもしれないが、いずれにしても「まだマシ」くらいの比較だ。

そして、今後引く牌によっては園田への放銃が待っている。

しかし、を重ねて潮目が変わった。

七対子のイーシャンテンになり、打

2枚見えで七対子には使いにくいが、当たったときはほぼドラまたぎとリスクのある牌だ。

黒沢の、強気の姿勢が見える。

そしてテンパイ。

配牌からは予想もつかない形だ。

この時点で山にはが3枚、が2枚残っていた。

なぜ、黒沢はすぐにツモるを選べたのだろうか。

ヤミテンに構えていたので、その後の受けなどを考えてのことだったかもしれない。

しかし、今大事なのは「この手をアガって、園田の大物手を蹴った」という結果。

苦しくても、諦めない限り最後まで勝負は分からない。

それはこの試合も、レギュラーシーズンも一緒だ。

 

東2局には先制リーチをうち、大物手をテンパイしていた亜樹から出アガリして8000。

大きな加点に成功する。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!