TEAM雷電・黒沢咲 手役にこだわらない柔軟かつセレブな選択【Mリーガー29人の名手】

TEAM雷電・黒沢咲

手役にこだわらない

柔軟かつセレブな選択

【Mリーガー29人の名手】

Mリーグ2019 9/30

第2試合 東3局 ドラ

東家 黒沢咲TEAM雷電

31400

南家 多井隆晴渋谷ABEMAS

25800

西家 茅森早香セガサミーフェニックス

21400

北家 朝倉康心U-NEXTパイレーツ

21400

黒沢は9巡目の引きで345の三色も狙える形になった。ただは場に2枚切れ。6ブロックからどの部分を嫌っていくか。見切った部分はどこか?

 

 

「安全かつドラ受けを逃さない切り」

黒沢が手をかけたのは対子のだった。は使えたとしても雀頭にしかならない。もちろんそこから345の三色を狙うこともできるが、という限定3牌が必要な上、を引いた後にがくると三色が崩れてしまう。三色が実る可能性はかなり低いとみたほうがよい。

それよりはを1牌外し、残りを安全牌に温存しつつピンフに向かうのが実戦的であろう。マンズの部分はドラの二度引きにも対応できるが、牌が縦にきたとき(ツモ)は雀頭をソーズとマンズ、どちらからでも選べる柔軟な形になるのだ。

結果、ピンズでイーペーコーができ、待ちでリーチ。

 

先行リーチ者から赤を打ち取り親っパネのアガリをものにしたのである。

 

Mリーガー全29人の

名手を収録した

小冊子付き「近代麻雀」

発売中‼︎

 

東川亮

赤入り麻雀、東天紅(三人麻雀)などを愛する、さいたま市在住の麻雀ファン。本業はフリーのライター。飯田橋にあるセット雀荘「麻雀ロン」にて、オーナーである麻雀解説者・梶本琢程氏との接点が生まれ、その縁をきっかけとしてキンマWebにてライター活動を開始した。
ひがし@Twitter

  • 雀荘感想キャンペーン
    Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!