ASAPINの「超頭脳何切る」Q15





待ち選択2

1人沈みのラス目だが点差はそこまで離れていない、供託2本の東4局。
七対子の聴牌だが、待ち取りとリーチ・ダマの選択はどうすべきか?

Q15回答はコチラ





















asappin_color
ASAPINの回答

man9-66-90-s-embリーチ

赤が1枚ある手ですが、この点数状況であれば他家はリーチに対応した押し引きをしてくれる可能性が高く、出アガリしやすい待ちに受けることにも十分な意味があります。man9-66-90-s-emb単騎のダマとpin3-66-90-s-emb待ちのリーチのアガリ率の比較は難しいところですが、man9-66-90-s-emb単騎のリーチだけはおそらく著しくアガリ率が下がります。それに見合った打点上昇があるかというと、アガリの大部分はツモになるので裏ドラが乗らなければ12000点。pin3-66-90-s-emb単騎の場合、アガリはロンの方が多くなるため6400点、裏が乗ると12000点となります。
安い方の待ちに受けても裏ドラ次第で12000点ということを考えると、この手はアガリ率を最優先するのが良いように思います。ただし、攻めっ気が強い面子の場合は下手にpin3-66-90-s-embで待っても対応してくれない可能性大。
そういう場合は堂々とman9-66-90-s-emb単騎に受け、こぼれを期待しながらツモればハネマンとしておきましょう。

ASAPINの自信度 90%

 

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!
  • キンマwebの人気コンテンツ

    • Mリーグ最新記事が無料で読める - 記事ページ
    • 百恵ちゃんのクズコラム - 記事ページ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です