ファイナルへ向けて 雀王 木原浩一




いよいよ目前に迫ってきた麻雀最強戦ファイナル。出場する選手の方に、直前の意気込みなどを語っていただいた!

★まず、雀王獲得おめでとうございます! プロ入り何年目ですか?

木原「ありがとうございます。僕は日本プロ麻雀協会の1期生なので14年目です。Aリーグ入りしてからは9年目で、決定戦は3回目で優勝できました」
★今回の決定戦の解説をされた片山まさゆきさんが、木原さんは鈴木たろうプロをやっつけるためにかなり特殊な打ち方をされたということを伺いましたが?
1d5f2f092cdc3be4dd45b5be2c89a7a088bfbbb0

木原「なるほど。まぁ、たろうをやっつけるためというわけではなくて、決定戦っていうのがかなり特殊なゲームだということを今まで認識していなくて、リーグ戦の延長気分で打っていました。ですが、やはり直接対決というのがかなり大きな要素。あと皆がトップを狙うというのが普通の麻雀の選択傾向とかなり違うと思いました。その2点に注目したら『もっと極端に打ってもいいんじゃないかな』と。今回は、以前に負けた反省と、色んな決定戦を見て良い部分を取り入れて、事前に戦略を練って、それがたまたま上手くいきました」

★「いいな」と思った戦略を具体的に教えていただけますか?

 木原「とりあえずシナリオを3パターンぐらい用意しまして。平坦なときは前半10回戦までは、多少無茶苦茶でも全部トップを獲りに行くことを目指す。まあ、考え方としては東南戦で、東場と南場では戦い方が違いますよね。全20回戦中、前半の10回戦を東場と考え、全部トップを狙ってやるつもりで打ってました。で、南場(後半10回戦)に入って条件戦になってポイント差が開いてきたら、東南戦の南場のように『局進行を優先させる』か『加点を目指すか』とかそういうのを色々選択できたらいいなと思っていました」

※このつづきは麻雀最強戦チャンネルでお読みください。