麻雀最強戦2019「サバイバルマッチ」観戦記【B卓】これが門前派の真骨頂! 熱血先生・大和が土俵際で決めた”波動砲”

麻雀最強戦2019

サバイバルマッチ

これが門前派の真骨頂!

熱血先生・大和が

土俵際で決めた”波動砲”

【B卓】担当記者:真中彰司 2019年12月8日(日)

まず1人目は、”鳴きテロリスト”こと佐月麻理子

前回は女流プレミアトーナメントで高橋侑希に敗れた。

トップの価値が大きい協会ルールらしく、押しの強い攻撃的な麻雀を好む打ち手だ。

 

2人目は、モンド杯にも出場していた”麻雀打ちまくり天鳳十段”の蛯原朗

前回は男子プレミアトーナメント決勝で岩崎真に敗れた。

しかし、その半荘が原因で大和と因縁があるらしい…

 

3人目は”不器用なイケメン”こと大和

元モデルで、普段は渋谷オクタゴンなどで麻雀教室の講師として活動している。

大和の麻雀を一言で表すと「門前派を超えた面前派」だろう。

前回の男子プレミアトーナメント決勝で見せた”南スルー事件”が記憶に新しい。

麻雀最強戦2019男子プレミアトーナメント観戦記【決勝戦】Mリーガー園田賢も絶叫!役満でも鳴かない大和の「南ポンスルー」事件簿

5100点持ちの4着目から、鳴けば小四喜のイーシャンテンになるをスルー。

このを鳴かないのは、プロ雀士の中でも大和だけだろう。

その唯一無二のスタイルで、どこまで勝ち切れるか。

 

4人目は”麻雀番長”でお馴染み、松ヶ瀬隆弥

前回は男子プレミアトーナメントで岩崎真に敗れ、決勝に進めなかった。

昨年はプレミアトーナメント決勝で紺野真太郎に敗れるなど、あと一歩で勝ちきれない。

今度こそ優勝して、麻雀界の番長として君臨したいところだ。

それぞれの思いを胸に、対局のゴングが鳴り響いた。

まず先制したのは大和。

高めタンヤオ待ちでリーチをかける。

リーチ時のアガリ率は驚異の66.7%。つまり3回に2回はアガリに結びつくということだ。

そこに佐月が追っかけリーチを入れる。

安全牌のを落として回り、を勝負してカン待ち。

この時点では残り1枚、は残り2枚。

ツモる手にも力が入る。

そして佐月の手にやってきたのは、4枚目の

かなり大和には通りそうな牌であるため、ツモ切りすることも出来た。

しかし佐月は迷わず暗槓を選択。

そもそもここでをツモ切るような打ち手なら、カンで追っかけリーチなどしていないはずだ。

その積極的な姿勢が、枚数の差を跳ね返した。

佐月の手元に握られていたのは、最後の

更に裏ドラが5枚!リーチドラ1の手が、4000-8000の倍満に化けた。

嶺上開花からの裏ドラ爆弾…さすがテロリストである。

東2局では蛯原が6000オールをツモアガリ。

佐月と蛯原がともに高打点の手をアガって抜け出す展開になった。

鳴きを多用する2人が先行してしまうと、大和・松ヶ瀬には苦しい展開。

それでもめげずに、大和がカンで先制リーチ。

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!