【麻雀最強戦2019】優勝は鈴木大介さん(棋士)!! 「著名人代表決定戦 熱」




鈴木大介、
鬼神の如く攻め切って、
ファイナルへ進出!!

本日10月20日(日)15時より、麻雀最強戦2019「著名人代表決定戦 熱」が行われた(司会:小山剛志/アシスタント:鈴木ふみ奈/実況:梅中悠介/解説:馬場裕一・土田浩翔)。

その模様はAbemaTV麻雀チャンネルにて生配信され、棋士の鈴木大介さんが優勝した。優勝した鈴木さんは、12月14日に行われる「麻雀最強戦2019ファイナル」へと進出することになる。

本日の対戦は「麻雀最強戦2019」の第16戦となる。

出場メンバーは次の通り。

A卓:福本伸行 森川ジョージ 鈴木大介 水崎綾女
B卓:瀬川瑛子 たかし 金子昇 松本圭世

A卓からは水崎綾女・鈴木大介、B卓からはたかし・金子昇が勝ち上がった。

▲A卓1位・水崎綾女
▲A卓2位・鈴木大介
▲B卓1位・たかし
▲B卓2位・金子昇

決勝は半荘1回戦。

水崎・鈴木・たかし・金子の座順でスタート。

東1局、親の水崎がトートイツの先制リーチで攻めるが、1人テンパイで流局。

同1本場、水崎は一つ仕掛けてトイトイテンパイに。金子も終盤にポンを入れてホンイツトイトイのテンパイ。結果は2人テンパイでまたも流局。

同2本場、ドラは

西家のたかしがを鳴いて親流しにかかる。すると南家の鈴木もポンで対抗する。そして7巡目に金子がリーチ。待ちはカン。さらに鈴木が・ペンと仕掛けてホンイツ・ドラ2のテンパイ。待ちはカン。結果、鈴木がツモり勝って3000・6000の大きなアガリをものにする。

東2局、ドラ。先制したのは金子。のシャンポン待ちでリーチ。そして1人テンパイで流局。

東3局1本場、ドラ。8巡目に金子が待ちのピンフでリーチ。これに親のたかしがタンヤオ仕掛けで対抗、親番キープを目論むもテンパれず。1人テンパイで流局。

東4局2本場、ドラは。たかしが8巡目に単騎待ちのチートイツでリーチ。これを水崎から討ち取り、ウラも乗せて8000点のアガリ。

トップ鈴木、2着たかしで折り返し。

南1局、ラス目の水崎の親番。ドラは。ファーストテンパイは金子。役無しのをヤミテンに構える。そして先制リーチは水崎。10巡目にペン待ち。同巡、金子がのシャンポン待ちに変化して追いかけリーチ。さらに鈴木がカンをチーして待ちのタンヤオで捌きにかかる。

結果、金子がを掴んで2000点の放銃。鈴木が局を潰すことに成功する。

南2局、ドラ。金子がカンを仕掛け、鈴木がをポン。そして水崎がをアンカンして新ドラがドラ3のカンでリーチ。さらに、鈴木がピンズのを仕掛けてのシャンポン待ちでテンパイ。

ラス牌のを水崎が掴んで5800の放銃。鈴木が得点を伸ばす。

南2局1本場、ドラ。鈴木がポン、と仕掛ける。水崎がピンフ待ちでリーチ。
鈴木がも仕掛けて追いつき、
たかしがカン待ちでリーチ。

決着は水崎のツモアガリ。ウラドラ1枚乗せて1300・2600。点棒の回復を図る。

南3局、ドラは。11巡目、水崎が待ちのドラ1の手でリーチ。鈴木がピンフ・ドラ2ののヤミテン、金子ものヤミテンに構える。

結果は、水崎が鈴木に放銃。鈴木が3900プラスリーチ棒を加点し、オーラスへ。

オーラスを迎えて、4者の点棒状況は次の通り。

水崎    5,500
鈴木   48,100
たかし 25,500
金子   20,900

南4局、ドラは。そのドラを重ねた金子が、水崎からポンして待ちテンパイ。そして水崎からを討ち取って12000! 鈴木との点差、15,200にまで迫る。

同1本場、ドラ。鈴木が早々にクイタンで仕掛け、9巡目に待ちテンパイ。
国士狙いのたかしからを仕留めてドラ1の2000点。

鈴木大介が見事な猛攻で、著名人代表決定戦 熱を制した。

▲オーラスまで怒濤の攻撃で見事寄り切った

勝ち上がった鈴木さんには、12月に行われるファイナルのチケットとアース製薬製品の詰め合わせが贈られた。

次回の麻雀最強戦2019は11月23日(土)に行われる「全国アマチュア最強位決定戦」。

出場メンバーは次の通り。

A卓 (名古屋) 園田勇作 (中国) (近畿四国)
B卓 (大阪) (中部) (東東京) 小野聖弥
C卓 根田寛司 小野寺翔志 (北関東) 吉野真佐夫
D卓 (西東京) (南関東) 岡部裕 野間一列

AbemaTV麻雀ch⇒ https://abema.tv/channels/mahjong/slots/B6gPLK76GdYTf5

(※文中敬称略)

麻雀最強戦公式サイトはコチラ。⇒ https://www.mahjong-saikyosen.com/

この記事のタイトルとURLをコピーする