麻雀最強戦2019ファイナル観戦記【A卓】刮目せよ!最高位・坂本大志、女流雀王・逢川恵夢、プロ棋士・鈴木大介に挑む、あるアマチュア雀士の軌跡

麻雀最強戦2019

ファイナル

刮目せよ!最高位・坂本大志

女流雀王・逢川恵夢

プロ棋士・鈴木大介に挑む

あるアマチュア雀士の軌跡

【A卓】担当記者:真中彰司 2019年12月14日(土)

 

日本で一番麻雀が強いやつは誰だっ!!

 

2019年12月14日、土曜日。

全国のプロアマから厳しい予選を勝ち上がった強豪雀士が集う、年に1回の大イベント。

麻雀最強戦ファイナルが開催された。

それでは早速、A卓の出場選手を紹介しよう。

1人目は「リ―ヅモ親方」こと最高位・坂本大志

近藤誠一村上淳・醍醐大を相手に、最高位決定戦で悲願の優勝。

その男泣きは日本中の麻雀ファンを感動させた。

再び最強位・近藤誠一を倒して男泣きを見せるか?

2人目はアマチュア最強位・小島レボリューション

競技麻雀グループ「刮目党」の一員であり、司会を務める小山剛志氏の経営する雀荘「オクタゴン」に足繁く通うアマチュア雀士だ。

最強戦に挑戦を続けて10年、ようやくこの舞台まで辿り着いた。

全てのアマチュア雀士の希望を乗せて、夢の舞台で革命を起こせるか。

3人目は「ガオー雀士」こと女流雀王・逢川恵夢

女王・朝倉ゆかりを倒して掴み取った女流雀王の座。

その勢いのままに女流タイトルホルダー枠で出場権を勝ち取った。

翌日は女流雀王決定戦というハードスケジュールだが、集中力はいかほどか。

4人目は「剛腕サウスポー」ことプロ棋士・鈴木大介

日本将棋連盟の理事を務める傍ら、麻雀でもその勝負師ぶりを遺憾なく発揮。

その雀力は折り紙付きで、麻雀駅伝でも並み居るプロ雀士を薙ぎ倒して区間賞を獲得した。

片山まさゆき以来となる、2人目の著名人最強位になるか?

親番は坂本、鈴木、逢川、小島の順。

まずは東1局、鈴木が3巡目と早い段階でドラ切り。

これには他の三者も刮目せざるを得ない。今にもリーチが飛んできそうだ。

当の鈴木は、テンパイに取らずに打

引きのタンピン一盃口を目指し、あくまで打点を追っていく。

しかし小島の仕掛けが入ることで、時間に余裕がなくなってきた。

小島のフーロ率は42%。役牌バックも多用し、局への参加率は非常に高い。

常に前に出て戦うのが、小島のスタイルだ。

鈴木はを引き、やむを得ずカンに受ける。

これが小島からツモ切られて2600のアガリ。

しかし、アマチュア最強位の小島は全く怯まない。

東2局にはのシャンポンリーチで逆襲。

これを力強くツモって1300-2600。

東3局は鈴木が三色確定のペン待ちでリーチ。

常に決め手を狙う一撃必殺のスタイルは今回も健在だ。

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!