紫電一閃! 松ヶ瀬隆弥が振り上げた拳の行方【Mリーグ2023-24観戦記 3/12】担当記者 ZERO / 沖中祐也

紫電一閃!
松ヶ瀬隆弥
振り上げた拳の行方

文・ZERO / 沖中祐也【火曜担当ライター】2024年3月12日

4チームによる空前のボーダー争い。

その4チームがじわっと上下に分離してきた。
上位2チーム(BEAST・風林火山)にとってはここから抜け出したいし、下位2チーム(雷電・フェニックス)にとってはここからのラスが致命傷になりかねないのでなんとかして喰らいつきたい。

この夜、雷電からは先日見事な大トップをとった瀬戸熊が出てきたのに対し、風林火山は個人スコア最下位に甘んじている松ヶ瀬を送り出してきた。

第1試合

東家:瀬戸熊直樹
TEAM雷電

南家:日向藍子
渋谷ABEMAS

西家:松ヶ瀬隆弥
EX風林火山

北家:仲林圭
U-NEXTパイレーツ

実況:松嶋桃
解説:朝倉康心

今年に入ってからの松ヶ瀬の着順は
4→2→2→3→3→1→2
と、決して悪くない。

信じて使い続けてくれたチームのためにも、この大一番での勝利を誓う。

不可解な待ち取り

日向の先制リーチを受けた松ヶ瀬。

 

ドラの【白】をポンしてペン【7ソウ】でテンパイしていた。
そこへ持ってきた【9ソウ】。通っている【8ソウ】を切ればシャンポン待ちになる。

ところが松ヶ瀬はあえて通っていない【9ソウ】を切ったのだ。
え?! 何が見えている?
私の背筋に寒いものが走った。

なぜならこの瞬間、ペン【7ソウ】は山に3枚生きていたのに対し、シャンポン待ちは1枚しか残っていなかったからだ。

何度見ても【8ソウ】を切るよりない。
【5ピン】【7ピン】をツモってきたらリャンメン変化するし、何より少しの放銃抽選も受けたくはない。

強いて打【9ソウ】のメリットを上げるなら…

【9ソウ】を通しておけば、次に【3ソウ】【6ソウ】をツモったときに【9ソウ】を切って安全にテンパイを維持できる
・リーチとドラポンに挟まれて困った脇からは、【9ソウ】よりも筋の【7ソウ】が出やすい
【8ソウ】を切っての裏目ツモ【7ソウ】は激痛だが、【9ソウ】を切っての裏目ツモ【6ピン】【9ソウ】は安全に回っていける

といったところだろうか。
穴のあくほど牌図を見ながら考えたが、他にメリットが考えられない。

何はともあれ、結果的に正解の道を進んだ松ヶ瀬は

【8ピン】【1ピン】と連続で押していく!

ただ次にツモった…

【2マン】に手が止まったのだ。
松ヶ瀬がじっと場に目を走らせる。

たしかに【2マン】は危険な牌だが、通っていない筋はまだ何本もある。
だがあの【9ソウ】切りのように、松ヶ瀬の指が何かを感じ取ったのかもしれない。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/