必ず船長に繋ぐ! 時には果敢に攻め、時には堅実に守り抜いた石橋伸洋の熱き全霊【Mリーグ2020観戦記3/12】担当記者:渡邊浩史郎

必ず船長に繋ぐ!

時には果敢に攻め、

時には堅実に守り抜いた

石橋伸洋の熱き全霊

文・渡邊浩史郎【金曜担当ライター】2021年3月12日

ついにレギュラーシーズン敗退二組が決まる。

多くは語るまい。ざっくりと、U-NEXTパイレーツは二戦で1着2着、セガサミーフェニックスはトップ2回がセミファイナル進出の条件。

フェニックスのオーダーは……

魚谷侑未だ。去年の個人MVP。今年はあまりにも運がない展開が続きながらも、要所要所でその強さを見せてきた。フェニックスの命運を託すにふさわしい選手だろう。

パイレーツのオーダーは……

石橋伸洋だ。

思い返すは去年ファイナルシーズンの最終戦。まったく同じチーム組み合わせで、石橋はチーム優勝を決める大きなトップを獲得した。ここぞというところでやる男、キング石橋の出しどころだ。

鳴いても笑ってもこれっきりの最終節が始まる。

3月12日 1回戦

東家 石橋伸洋U-NEXTパイレーツ

南家 内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ

西家 魚谷侑未セガサミーフェニックス

北家 白鳥翔渋谷ABEMAS

【東1局】石橋、襲来

残り最短2局しかない石橋の親番の配牌。ターツこそそろってるがどこも愚形である上にドラが浮いている。

石橋はオタ風の対子落としとした。まだ一巡目、素直にを切らずに一番形にも打点にも関係ないターツを落とすことで手を作り直そうという魂胆だ。

残したから見事に面子を作り、最速の聴牌!ここは即リーチ!

愚形とは言え他家からはそんなことはわからない。早い親リーチ、立ち向かえるのは……

魚谷のこの手だ!トップ2回が条件のフェニックス、この巡目、この手から降りることはない。

しかしこの手が伸び悩み、聴牌したのは13巡目。しかも出ていくのがの、愚形聴牌。

魚谷は少し息を整えて

リーチといった!最短8局しかないこの勝負、同じ勝負手がこの半荘入るとは限らない。魚谷はいつだって目の前の手牌に真摯だ。

魚谷の心を込めた一打だったが石橋に捕まる。リーチ・赤・裏ドラの7700のアガリだ!

フェニックスからすれば痛恨の、パイレーツからすれば会心のアガリで90日目の幕が上がった。

【東1局1本場】白鳥の造りしもの

このままでは終われないフェニックス魚谷。

まだ攻める牙は残っている。今度はピンフ赤赤、山に5枚残りの待ちで先制リーチにたどり着くが……

なんとこれが全部脇に流れる。麻雀の神様はどこまで今期の魚谷に試練を与えるのか。

続く【東2局】でもまだまだ魚谷の手牌はいい。しかし当然の選択、当然の打牌が……

今一番結果を出したい魚谷に、牙をむく。

がフリテンの聴牌。

魚谷は悩んだ末

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!