麻雀最強戦2019男子プレミアトーナメント観戦記【決勝戦】Mリーガー園田賢も絶叫!役満でも鳴かない大和の「南ポンスルー」事件簿




麻雀最強戦2019

男子プレミアトーナメント

【決勝戦】

Mリーガー園田賢も絶叫!

役満でも鳴かない大和の

「南ポンスルー」事件簿

【決勝戦】担当記者:真中彰司 2019年6月30日(日)

 

それでは激戦の予選を勝ち抜いた、4人の猛者たちを紹介しよう。

まずは「王者の底力」勝者、内川幸太郎

予選では華麗な一気通貫・一盃口を和了して勝利。

現十段位の底力、ここにお見せしましょう。

 

続いて「手役の魔力」勝者、岩崎真

予選ではパーフェクトゲームという偉業を達成。

この日のこの1戦のために北海道からやってきた。

故郷へ錦を飾るため、何としても負けられない!

 

3人目は「空中決戦」勝者、蛯原朗

予選では苦しい展開を耐え抜き、オーラスの6000オールで一気に勝負を決めた。

全ての天鳳プレイヤーの想いを乗せて、蛯原が征く。

 

そして4人目、「恐れ知らずの打撃戦」勝者、大和

予選では面前を貫き通し、下石から一盃口ドラドラを直撃して見事に勝利。

「ただのメンゼン派よりもメンゼン派」と評されるその麻雀で、どこまでも突き進む。

 

長き予選を勝ち抜いた、4人の雀士たちが静かに卓に着く。

ファイナル行きの切符を賭けた、最終決戦の火蓋が切って落とされた。

東1局

起家は内川。ドラ表のがネックになりそうだったが、はこの時点で山に3枚。

をあっさり引き入れ、678三色のイーシャンテン。

しかし、あと1牌が入らずに停滞。

その間に岩崎にサラッとかわされてしまう。

東2局

それでもなお手は入る。次局はドラが暗刻になり、を打ち出していく。

今度こそ満貫を決めて主導権を握りたいが…

しかし、本来あるはずだった筋書きは、大和のダブスルーによって書き替えられた。

ドラの受けがあり、5800点が見込める牌姿。

100人中90人はこのを鳴くだろう。だが大和は鳴かない。

さすが超門前派の不沈艦である。

この局は内川がドラ3リーチを打つも、ツモれず1人テンパイで流局。

内川の空振りが続いてしまう。

東3局は大和がのみの1000点、

東4局は内川が一盃口のみの1300点。

小場が続き、決め手がなかなか決まらないもどかしい展開に。

なんとここまでの最高打点は内川の1300点!

東2局の1人テンパイの収入の方が大きいという異常な状態に。

南1局