麻雀最強戦2019男子プレミアトーナメント観戦記【決勝戦】Mリーガー園田賢も絶叫!役満でも鳴かない大和の「南ポンスルー」事件簿




この局は内川がドラ3リーチを打つも、ツモれず1人テンパイで流局。

内川の空振りが続いてしまう。

東3局は大和がのみの1000点、

東4局は内川が一盃口のみの1300点。

小場が続き、決め手がなかなか決まらないもどかしい展開に。

なんとここまでの最高打点は内川の1300点!

東2局の1人テンパイの収入の方が大きいという異常な状態に。

南1局

またも内川が678の三色をテンパイ。

を切って当然のリーチといった。

この時点では3枚、は2枚残っている。

これは流石に内川のツモアガリか!?

…がっ、ダメっ…!

高目のは無情にも内川の手をすり抜けて、下家の大和の元へ…

それでも1人テンパイ、600オールと徐々に点棒を増やす内川。

だがどうにも感触のよろしくない展開ではあった。

そこに風穴を開けたのが蛯原。

リーチのみだが、を一発でツモって1000-2000のアガリ。

ようやくこの日の最高打点が更新された。

しかし裏は乗らず、いまだに点棒は平たい状況。

南2局

南2局は染め手合戦に。蛯原がソーズのホンイツで、

内川がピンズのホンイツという対決になった。

しかし、そこに割って入ったのは岩崎。

と勝負して他家のホンイツをすり抜け、

絶好の待ちでリーチ。

なんと同巡、親の大和も七対子でテンパイ!

、まさに究極の選択だったが…

は河に1枚、はドラ表と河に1枚ずつ。

当然の選択か、手がかかったのはだった。

リーチ・一発・ピンフ・ドラ3。

岩崎が均衡を破る、値千金の12000点を決めた。

この放銃で後がなくなり、大和は次局も放銃に回ってしまう。

三つ巴の展開で、万事休すかと思われた。

しかし、ここで大和に鬼手が!

が重なり小四喜の2シャンテン。