天国と地獄のオーラス 全員集合した南4局を制したのは…【Mリーグ2022-23観戦記10/17】担当記者:江嵜晋之介

天国と地獄のオーラス、
全員集合した
南4局を制したのは…

文・江嵜晋之介【月曜担当ライター】2022年10月17日

第1回戦

東家:瑞原明奈(U-NEXT Pirates)
南家:滝沢和典(KONAMI麻雀格闘倶楽部)
西家:日向藍子(渋谷ABEMAS)
北家:松ヶ瀬隆弥(EX風林火山)

Mリーグ2023レギュラーシーズン9日目第一試合。
南4局を迎え、実況・日吉から今シーズン初の「全員集合」が飛び出した。

Mリーグファンならすっかりお馴染みとなった「全員集合」。
今回の放送中、改めて説明されたその定義は

・オーラス(南4局)であること
・全員が2万点台(20,000から29,900)であること

となっているらしい。ようは超接戦の最終局ということだ。

トップの松ヶ瀬が29,400点、4着目の滝沢が21,900点とその差は7,500点。1本場で供託が1本あるので6,200点差の中に4選手がいることになる。

4選手の条件をおさらいしてみる。

瑞原

・現状2着目、トップまでは3,900点差なので500-1,000のツモで逆転、2,600点の出アガリで同点トップ。
・4着までは3,600点差なので3,900点以上の振り込みでラスに。

滝沢


・現状4着目、トップまで7,500点差なので6,400点以上の出アガりまたは1,300-2,600のツモアガリでトップ。

日向


・現状3着目、トップまで7,200点差なので6,400点以上の出アガりまたは1,000-2,000のツモアガリでトップ。滝沢よりツモ条件がやや軽い。
・自身が放銃、またはリーチ棒を出して他家がアガるとラスになる。

松ヶ瀬


・現状トップ目、ノーテンの場合、2人テンパイならトップのまま終局となるが3人テンパイだと2着目瑞原に逆転される。
・6,400点以上の放銃でラスに落ちる。

Mリーグルールではトップに+50pt、2着には+10pt、3着は-10pt、そして4着は-30ptが加算される。

仮に4着目の滝沢が松ヶ瀬から6,400点を出アガったとする。
滝沢は6,400点の加点とともに、順位点が-30から+50ptになるため、供託含めると実質87,700点相当のアガリということになる。
着順変動がない状態で子の役満を2回アガるよりも大きな加点だ。

逆に松ヶ瀬からすると、3人に現実的なトップ条件があるため傍観していると大体逆転されてしまうため前にでざるをえない。しかし6,400点以上の放銃は大損害を被ってしまうことになる。
まさに天国と地獄が隣り合わせ。卓上の緊張感はピークに達していた。

このオーラスまで僅か8局とハイスピードで進行した本試合だが、勝負手を他選手のファインプレーにて阻止する展開が続いた試合でもあった。
遡ること東2局、親番の滝沢がダブ【東】をポン。

そして数巡後、一番嬉しいドラの【1マン】を重ねてのテンパイを入れる。【6マン】【9マン】待ちの12,000点。

同巡、西家の松ヶ瀬。

ドラの【1マン】を切れば受けの広いイーシャンテンだが、直前に滝沢が【3マン】を手出ししており、テンパイだとすると【1マン】はかなり危険な牌だ。
しかし自身の手がよく通ったとすれば勝機はあると踏み、ドラの【1マン】を強く放つ!

そしてさらに同巡、瑞原は滝沢の当たり牌【9マン】を引いてしまう。

全体の捨て牌がこちら。


自身の手はそれなりに良く、アガリも見込めそうだ。
ただ親の滝沢がダブ【東】ポンの後に【5ソウ】【3マン】と手出ししている。副露率の低く、手牌の信頼度が高い(ブラフ的なアクションが少ない)滝沢であることを考えるとテンパイ、ないしはイーシャンテンであることが多いだろう。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!