機は熟した! 渋谷ABEMASの若武者・松本吉弘 いざ覚醒の時へ【Mリーグ2022-23観戦記10/17】担当記者:徳岡明信

機は熟した!
渋谷ABEMASの若武者
松本吉弘
いざ覚醒の時へ

文・徳岡明信【月曜担当ライター】2022年10月17日

渋谷ABEMASの勢いが衰える事を知らない。

(画像引用:Mリーグ成績速報(非公式)Twitter)

10/17第一試合終了時での順位表である。
渋谷ABEMASが300Pオーバーで頭1つ抜け出し、下位チームは混戦状態だ。
シーズンも始まったばかりではあるが、現在の順位は選手のモチベーションにも多少なりとも影響する。

このまま渋谷ABEMASに気持ち良く独走させてたまるか。
好調ムードで首位街道を独走する渋谷ABEMASを止めるべく

KONAMI麻雀格闘俱楽部
U-NEXT Pirates
EX風林火山

この3チームが壁となる事が出来るのか。

第2試合
東家:佐々木寿人 (KONAMI麻雀格闘俱楽部)
南家:松本吉弘 (渋谷ABEMAS)
西家:勝又建志 (EX風林火山)
北家:小林剛 (U-NEXT Pirates)

「Mr,月曜日第二試合」??

よーいドン!
東1局の配牌から飛び出したのは渋谷ABEMASの松本だった。


はい、優勝、松本!
ドラ2、赤2の配牌。ドラの【4マン】が1枚出て行っても何の問題も無い程である。
後はこの手を上手く早くまとめられるか。

ドラの【4マン】も2枚使い切ってのイーシャンテン。【7マン】【7ピン】はすかさずポンテン、万が一メンゼンで仕上がれば倍満まで見える。

すぐに勝又が切った【7ピン】をポン出来て、あっという間にタンヤオドラ2赤2の満貫テンパイ。

【赤5ソウ】まで来るんかーい」

しばらくツモ切りが続くが、勝又のテンパイ打牌【6マン】で松本のアガリ。

先週の月曜日第二試合で初トップを獲得した松本。
幸先の良すぎるアガリで「Mr,月曜日第二試合」の異名を襲名する事が出来るか。

続く東2局も松本の勢いが止まらない。

勝又との2軒リーチを制して一発ツモ2600オールのアガリ。

強い、強すぎる、誰もこの男を止める事が出来ないのか。

ちなみにこの局の小林の手順がとても興味を引いたので見て頂きたい。

2巡目に切られた【白】を一鳴きした小林。
ここまではよく見慣れた小林の仕掛けだが、この後の進行が見どころだ。

愚形ながらターツと雀頭が揃った所で、【1ソウ】【2ソウ】のターツを払っていく。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!