【クイズ解けたら君もМリーガー最終回】行くべき時は、行け!!【渋川難波】

麻雀は、押し引きが大事と僕はよく言っています。
今回はそんな、押し引きの問題です。
それでは、早速問題に参りましょう。

問題

麻雀最強戦2021 著名人異能決戦 、予選B卓のオーラス「破天荒ギャンブラー」の異名を持つ平成ノブシコブシの徳井健太さんの選択です。

渋川クイズ問題

2位まで通過のオーラス、瀬川瑛子さんのリーチを受けて一発目です。
さて、徳井さんは何を考えてどうしたでしょうか?



解答

【5ソウ】切りリーチ

解説

瀬川さんに一発で放銃すると、確実に逆転されます。さらに【5ソウ】は見るからに危なそうなところで、待ちもペン【3マン】と悪いです。
【1マン】が現物なので一旦【1マン】を切る、という人も多いのではないでしょうか?
しかし、これは間違いなく【5ソウ】を切ってリーチした方がいい! と言える局面です。
では、その理由を説明しましょう。
まず、状況をまとめます。自分がアガれば通過は間違いないので、他の通過条件を考えてみましょう。

①近藤さんがアガる
②瀬川さんが近藤さんからアガる
③瀬川さんがアガるが、自分に届かない
④流局して、佐藤さんがノーテン

レアケースは他にもありますが、メインはこの4つでしょう。
それでは一つずつ検証してみます。

①ですが、すでに瀬川さんのリーチが入ってる状況です。オリればいい近藤さんが、無理してアガってくれる可能性はかなり低いでしょう。
そして近藤さんがオリるということは同時に②の可能性も低いと言えます。
そして③ですが、点差は僅かに5000点です。1000‐2000でも条件を満たされてしまうため(同点の場合は瀬川さんの勝ちになる)、それを願うのは都合が良すぎるでしょう。
最後に④ですが、佐藤さんもこの親でノーテンにすると負けが決まるので、高確率でテンパイは取りに来ます。

つまり、①〜④どの条件も満たせる可能性はかなり低いと言えるのです。
となると、勝つためにはリスクを承知で自分でアガりに行くしかないのです!
さてここでもう一度徳井さんの手を見てみましょう。自身の和了確率だけを見ると、どの選択が一番いいでしょうか?
それは勿論、【5ソウ】切ってリーチでしょう!
手を組み替えるには時間がかかりますし、いい待ちになる保証もありません。それに加えて【1マン】【2マン】がほどよく切れていて【3マン】がいい待ちというのもオマケでついてきます。

ということで、徳井さんはしっかりと【5ソウ】を切ってリーチしました。
そして結果どうなったかと言いますと…

アガリ

オリれない親の佐藤さんにこのテンパイが入り、溢れた【3マン】をしっかり捉えて勝ち上がりを決めました!
そして、徳井さんはこの勢いのままに見事決勝卓でも優勝し、ファイナル進出を決めたのです。

この勇気のいる選択を、ノータイムできっちりとできた徳井さん、ファイナルでもきっと暴れてくれることでしょう。期待したいですね!
それでは、また!

渋川通信

長きに渡ったこのコラムも、ついに最終回となりました。皆様応援ありがとうございました!! また会う日まで!! さようなら!

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!