3月11日。あらゆるものを背負って戦い、勝利をもぎ取った。その男の名は“佐々木寿人”【Mリーグ2020観戦記3/11】担当記者:ゆうせー

3月11日。

あらゆるものを背負って戦い

勝利をもぎ取った。

その男の名は“佐々木寿人”

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2021年3月11日

1試合目

東家 佐々木寿人(KONAMI麻雀格闘倶楽部)

南家 瀬戸熊直樹(TEAM雷電)

西家 園田賢(赤坂ドリブンズ)

北家 勝又健志(EX風林火山)

解説 渋川難波 実況 日吉辰哉

東日本大震災から10年。黙祷を捧げる選手達。

4チームの2020レギュラーシーズン最終日。第一試合。

東1局

険しい表情の瀬戸熊。

最後の手番。さえ切れたならテンパイ。

だが、アンカン付きのリーチに打てば致命傷だ。

行くか、引くか。二択の重圧が瀬戸熊を苦しめる。

一人テンパイでの流局。

東2局1本場も、

リーチを受け、迂回する瀬戸熊。

だが、

テンパイで一転して勝負に出る。現物は少ない。自身は親番。

リーチは掛けないで、辛抱のトリダマ。

流局時には3人の手牌が前に倒された。

繋いだ親番。

開かれた手牌の中央に、そびえたつ2枚の

ポンだ。

早くもイーシャンテンに。

を手出し、そしてをツモ切り。河に並ぶ中張牌が、他家に危険を告げる。

園田は足払いが主眼のダマテン

勝又は待ちの良さを武器にリーチ。

子方二人が瀬戸熊の前に立ちはだかる。

瀬戸熊は、

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!