抗え、最後の1牌まで あらゆる逆境をはね除けて、黒沢咲は希望を紡ぐ【Mリーグ2020観戦記3/11】担当記者:東川亮

しかし、黒沢にとってはここからが苦難の道だった。

東4局、大きく点数を減らしていた亜樹がカン待ちリーチを一発でツモり、3000-6000。

南1局、最後の親番となる黒沢がと仕掛けて前に出る。

トップ目ということもありこれまでならスルーしたかもしれないが、今はとにかく加点のチャンスを逃したくはない。

を払い、ホンイツでの高打点を狙う。

だが、亜樹が絶好のカンを引き入れてテンパイ。

ヤミテンでもタンヤオ平和ドラドラ赤が確定、一度はを縦に置こうとしたが・・・

一瞬の逡巡の後、亜樹はをリーチ宣言牌とした。

黒沢の手は進まず、浮いていたが打たれることはなかったが、前原が放銃して12000。

亜樹は次局も園田から1300をアガり、親番の南3局では1人テンパイ。

黒沢はついに逆転を許してしまう。

南4局2本場

供託が2000点分あり、黒沢はアガりさえすれば逆転トップ。

何でもいい、とにかく早くアガれる手を・・・

来た!

雀頭はないがリャンメン形が豊富な軽い手。

いかに鳴かない黒沢と言えど、特にだけは秘中の秘「チー」を解禁するはずだ。

2巡目でイーシャンテン、ますますはチーだ。

しかし、受けが広くはなれどなかなかテンパイせず、鳴ける牌も出ない。

 

そうこうしている内に、亜樹が切ったをピンズのホンイツに向かっていた園田がチー。

浮いているを切れば亜樹がポン、アガリへ大きく前進するだろう。

しかし、園田は切り。

ドラ受けを見切る代わりにチャンタをつけて満貫を狙う。

を鳴かれる可能性も考慮してのことだろう。

また、こちらの方が余剰牌が出にくい。

園田の切りに反応してか、亜樹はを引いて手を崩した。

いっこうに手が進まない黒沢の元に訪れた、生牌

しかし、自身がアガリに向かわなければいけない以上、こんなものを止めてはいられない。

園田は当然のポン。

打たれるを、亜樹はもう鳴くことができない。

黒沢も形ばかりの役なし単騎待ちで追いついたが、園田のアガリが早かった。

ホンイツチャンタの4000オール。

をギリギリまで絞った園田の手組みは秀逸だったが、2巡目イーシャンテンにも関わらず先手を取れなかった黒沢は厳しい。

南4局3本場、この局も黒沢の配牌はいい。

3巡目の選択では、ソーズからを払った。

形をスッキリさせてマンズの横伸びを見ると共に、の重なりも逃さないように構える。

しかし次巡、がかぶってしまう。

7巡目にイーシャンテンとなるが、を残していれば待ちのテンパイが組めていた。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!