後方からカッ!飛んできたのは、スナイパー・茅森早香 担当記者 ゆうせー【Mリーグ2023-24観戦記 2/29】

後方から
カッ!飛んできたのは、
スナイパー・茅森早香

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2024年2月29日

第1試合

東家:渡辺太赤坂ドリブンズ
南家:本田朋広TEAM RAIDEN / 雷電)
西家:茅森早香セガサミーフェニックス
北家:菅原千瑛BEAST Japanext

毎試合が激闘で、

毎試合が死闘だ。

Mリーグはとうとう終盤戦に突入。

今日は1位と、6 7 8位の対決。

厳しかったのは、

8位BEASTの菅原。

東2局は、

好形イーシャンテンから、

7700の放銃。

東4局の親番では、

テンパイから、

宣言牌が、太の8000に捕まる。

いずれも仕方がない。

だが、ただどうしても結果が欲しい現状。

放銃の痛みが、見るものの胸に突き刺さる。

太、本田、茅森の三つ巴で南場に突入する中で、先に抜け出したのは、

太だった。

バラバラの手を、丁寧に端の数牌を処理しながら進め、赤を引いたときに、

【3マン】を打った。

この時点で、4トイツ0メンツ。

七対子はリャンシャンテン。

一方で、メンツ手はサンシャンテンだ。しかも、リャンメンが1つしかないここは、メンツ手よりも七対子を強く見る手だ。

よって、ドラ表示牌と合わせて残り1枚の【3マン】を捨てて、第一志望を七対子に決めた格好だ。

この手を、

見事テンパイまで仕上げ、即リーチをして、

赤をツモりあげる!

渾身の6000オールとなった。

このアガリによる熱で、場が沸騰する。

続く南2局1本場は、

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/