副露ゼロ、飛び交うリーチは15回! 門前のたたき合いを制した滝沢和典に、試合について聞いてみた【Mリーグ2020観戦記11/30】担当記者:東川亮

副露ゼロ、

飛び交うリーチは15回! 

門前のたたき合いを制した

滝沢和典に、

試合について聞いてみた

文・東川亮【月曜担当ライター】2020年11月30日

長丁場のリーグでは、道中でいろいろなことがある。

現状の調子が良くても、あるいは悪くても、それがそのまま続くことは考えにくい。

EX風林火山は10月、16戦を戦ってトップ4回2着8回、3着と4着が2回ずつと非常に安定した成績を残していた。

しかし11月半ば以降は調子を落とし、直近10戦で4着6回。

特にこの日の初戦に登場した滝沢和典は3戦連続で4着に敗れており、この日の試合に懸ける思いはいつも以上に強かったに違いない。

入場時の表情にも、どことなく険しさがあった。

本日は試合後の滝沢から話を聞くことができたので、本人の声を元に記事をお届けしていく。

第1回戦

東家:前原雄大KONAMI麻雀格闘倶楽部

南家:瀬戸熊直樹TEAM雷電

西家:近藤誠一セガサミーフェニックス

北家:滝沢和典EX風林火山 

東1局はこの試合を暗示するような展開となる。

近藤がpastedGraphic_3.pngpastedGraphic_4.pngの片アガリテンパイをヤミテン。

このままでもアガリはあるが、一気通貫やリャンメンテンパイなど、さらなる好形・高打点への変化を模索する。

 

そこへ滝沢がpastedGraphic_7.pngpastedGraphic_8.png待ちでリーチを打つと、直後に瀬戸熊もpastedGraphic_9.pngpastedGraphic_10.png待ちリーチで応戦。

こうなれば近藤もツモ切りで追っかけリーチ、開局から3軒リーチがぶつかる熱い局面となった。

勝ったのは瀬戸熊、一発ツモで2000-4000のアガリとし、まずは一歩抜けだした。

東2局もリーチがぶつかる。

瀬戸熊が前巡にpastedGraphic_14.pngpastedGraphic_15.png待ち、いわゆる並びシャンポンの形でテンパイを入れていたが、次巡pastedGraphic_16.pngを引いたことでpastedGraphic_14.pngが中スジになったことからツモ切りリーチを敢行。

 

同巡、pastedGraphic_19.png単騎ヤミテンを入れていた滝沢がドラpastedGraphic_20.pngを引き、ドラ単騎リーチと打って出た。

これについては、瀬戸熊がツモ切りリーチだったことが大きな理由だったという。

「万全なら即リーチに来るはずなので、愚形の可能性は高い場面だと判断しました。ならば勝算もあると思い、リーチと打って出ました」

ドラ単騎でアガれれば5200からと打点は十分、勝負に値する。

この局は2軒リーチをかいくぐった前原が瀬戸熊から2600を出アガリ。

この日の試合、滝沢のテーマは「来た球を打つ」だったそうだ。

この役ありカンpastedGraphic_23.png待ちテンパイでリーチを打った際には、リーチ自体は迷わなかったものの、先日カンpastedGraphic_24.png待ちリーチをかけて放銃にまわった場面が頭をよぎったそうだ。

しかし、そんなことで打ち方を変えるほど、滝沢という打ち手はヤワではない。

リーチをかける場面であれば、ブレずにリーチだ。

これに追いついたのが親の近藤。

12巡目テンパイで、pastedGraphic_14.pngpastedGraphic_16.pngpastedGraphic_23.pngpastedGraphic_26.png、どちらの待ちで受けるかを選べたが、近藤はpastedGraphic_26.png切りリーチとした。

 

しかし、麻雀とはときに無情なもの。

待ちならツモっていたはずのpastedGraphic_23.pngは、滝沢のロン牌。

しかも裏ドラがpastedGraphic_23.png

滝沢にとっては親リーチをはね除ける会心のアガリ、そして近藤にとってはアガリ逃しの上に8000点放銃という最悪の結果となってしまった。

この試合はとにかくリーチが多かった。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!