岡田紗佳、久方ぶりの登場できっちりトップ!! サクラナイツ、一気に2位へ大躍進!!

岡田紗佳、

久方ぶりの登場できっちりトップ!!

サクラナイツ、一気に2位へ

大躍進!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕71日目、第1戦は岡田紗佳KADOKAWAサクラナイツ)がトップを獲得。小場の展開を岡田が瀬戸熊からハネマンを仕留めて一気に打開。南場の親番でのマンガンでダメ押しした岡田が3勝目。サクラナイツは雷電を4位に沈め、2位に浮上した。

第1戦の対局者は、セガサミーフェニックス魚谷侑未TEAM雷電瀬戸熊直樹、U-NEXTPirates・小林剛、そして岡田の4名。

ちいさな点棒移動をへて迎えた東4局。北家・魚谷の先制リーチを受けて、南家の岡田がテンパイ取らずの一発放銃回避。さらにアタリ牌のをくっつけて、追いかけリーチ。この一発目にすでにテンパイを入れていた瀬戸熊がをツモ切りで放銃。リーチ・一発・ピンフ・ドラ1・赤1・ウラ1の12000点。岡田がこのアガリでトップ目に躍り出る。

次局、南1局。親を迎えた岡田は7巡目先制リーチ。同巡に瀬戸熊からの追いかけリーチを受けるが、みごと一発でツモアガリ。ウラドラ1枚を乗せて4000オール。岡田が一気に抜け出した。

オーラス、焦点は小林と魚谷の2着争い。追う魚谷はでチーしてバックのドラ1、2000点の仕掛けでツモか小林からの直撃で逆点。しかしそのを切ったのは、親の瀬戸熊。しかもリーチ宣言牌。魚谷はこのを見逃す。リーチ棒が出たことによって、2枚めのはどこから出ても2着に浮上する。魚谷はその2枚めのを自力でツモアガって逆転2着で試合終了。

久々に登場した岡田が危なげない勝利を手にした。

岡田はインタビューで、

「3週間ぐらい空いたので、自分的には2日くらい寝られなくて緊張しました。それだけにトップをとれてよかったです。最終盤になってボーダー争いが熾烈なので、これから一戦一戦欠かさずに見守ってください」

と語った。

【Result】
1着 岡田紗佳サクラナイツ 5万4000点/+74.0
2着 魚谷侑未・フェニックス 2万4900点/+4.9
3着 小林剛・パイレーツ 2万3800点/▲16.2
4着 瀬戸熊直樹・雷電 ▲2700点/▲62.7

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +557.3(70/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +32.3(71/90)
3位 EX風林火山 +31.6(70/90)
4位 TEAM RAIDEN/雷電 +9.0(71/90)
5位 赤坂ドリブンズ ▲98.4(70/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲119.2(70/90)
7位 セガサミーフェニックス ▲158.6(71/90)
8位 U-NEXT Pirates ▲254.0(71/90)

「大和証券Mリーグ2020 サクラナイツvsフェニックスvs雷電vsPirates」

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
2月8日の対戦はKADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:松嶋桃
解説:多井隆晴
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!