内川幸太郎、南場の親番での大逆転!! サクラナイツ、同日2連勝!! セミファイナル当確か!?

内川幸太郎、

南場の親番での大逆転!!

サクラナイツ、同日2連勝!!

セミファイナル当確か!?

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕71日目、第2戦は内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。序盤の失点に苦しんだ内川だったが、親番でのマンガンツモ2回で一気にトップまで突き抜け、サクラナイツが同日2連勝を獲得した。

第2戦の対局者は、セガサミーフェニックス茅森早香TEAM雷電萩原聖人、U-NEXTPirates・朝倉康心、そして内川の4名。

東3局、西家・茅森が赤1のテンパイを入れて、生牌単騎待ちで先制リーチ。内川が追いかけるがを掴んでしまい、返り討ちに。そしてがウラドラになって8000点。まずは茅森が一歩リード。

東4局、西家・萩原が4巡目にリーチをかける。ピンフタンヤオ・ドラ1・赤2のハネマン確定リーチ。このリーチに内川が抗う。萩原からをリャンメンで鳴いて、タンヤオ・ドラ1・赤1ののシャンポン待ちテンパイ。そしてをツモアガって1000・2000。萩原の超勝負手を潰すことに成功。

南1局、萩原のリーチにまたも仕掛けで対抗した内川。しかし今度はで放銃に回ってしまい、なんとウラ3の8000点。内川はインタビューで「を安全牌と勘違いしていました」と正直に告白した。

ラス目になった内川は、南3局の親番で朝倉のリーチに苦しいドラのカン待ちで追いかけて、渾身のツモアガリ。タンヤオにウラ1で4000オール。一気に全員が2万点台に。

同1本場、14巡目にようやくドラ1のテンパイを入れてリーチをかけた内川、みごと一発ツモ。2度めの4000オールで一気に突き抜ける。

オーラスは親の朝倉の粘りの流局で、他3者のマンガンツモ圏内に引きずり込まれるが、タンヤオ・ドラ1の食い仕掛けテンパイを萩原から仕留めて試合終了。1戦目、岡田のトップに続いてサクラナイツが同日2連勝を獲得した。

内川はインタビューで、

「結果はいちばんうれしいものになったんですけど、内容は悪かったです。なんとか崩れないようにと思いながら、実は南場の親番をやってました。最後は全員マンツモ条件だったので”ラスになっても行かせてもらいます”とチームメイトの顔を思い出しながらつっこみました」

と語った。

【Result】
1着 内川幸太郎サクラナイツ 4万200点/+60.2
2着 茅森早香・フェニックス 2万1600点/+1.6
3着 朝倉康心・パイレーツ 2万1100点/▲18.9
4着 萩原聖人・雷電 1万7100点/▲42.9

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +557.3(70/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +92.5(72/90)
3位 EX風林火山 +31.6(70/90)
4位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲33.9(72/90)
5位 赤坂ドリブンズ ▲98.4(70/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲119.2(70/90)
7位 セガサミーフェニックス ▲157.0(72/90)
8位 U-NEXT Pirates ▲272.9(72/90)

「大和証券Mリーグ2020 サクラナイツvsフェニックスvs雷電vsPirates」

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
2月8日の対戦はKADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:松嶋桃
解説:多井隆晴
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!