Mリーグweeklyダイジェスト【2022 11/7-11/11】

Mリーグweeklyダイジェスト
2022年11月7日〜11/11

■11月7日(月)

対戦カード:赤坂ドリブンズKADOKAWAサクラナイツTEAM雷電U-NEXT Pirates

第1試合

 

総局数26局、試合時間がおよそ3時間半というMリーグ最長試合となった一戦では、黒沢がリーチ12回アガリ9回放銃ゼロの大暴れ。稼ぎに稼いだ112700点は、Mリーグの歴代最高スコアを更新した。一方、渋川のマイナス47600点も、Mリーグワーストを更新。記録ずくめの試合となった。

1位 黒沢咲TEAM雷電)+132.7
2位 鈴木たろう赤坂ドリブンズ)+9.9
3位 鈴木優U-NEXT Pirates)▲35.0
4位 渋川難波KADOKAWAサクラナイツ)▲107.6

【観戦記】

前人未到の大記録 強気なヴィーナス黒沢咲が Mリーグの伝説に名を刻む(江嵜晋之介)

第2試合

 

第1試合の大敗から連闘での出場となった渋川が、2度のハネ満ツモで大きく加点し、快勝。自身8戦目にして、念願のMリーグ初トップを飾った。丸山はアガリがなく箱下の4位、ドリブンズのマイナスは400ポイント台に突入してしまっている。

1位 渋川難波KADOKAWAサクラナイツ)+76.7
2位 仲林圭U-NEXT Pirates)+10.9
3位 瀬戸熊直樹TEAM雷電)▲25.4
4位 丸山奏子赤坂ドリブンズ)▲62.2

【観戦記】
地獄から天国 渋川難波、勝利をつかんだ決意の愚形リーチ(東川亮)

■11月8日 (火)

対戦カード:EX風林火山KONAMI麻雀格闘倶楽部渋谷ABEMASセガサミーフェニックス

第1試合

 

勝又が的確な打牌選択から要所要所で大きなアガリを決め、アガリ4回放銃ゼロで快勝、今シーズン2勝目を挙げた。この日がバースデー出場となった高宮だったが、この試合では攻めの姿勢を見せるも実らず、箱下の4位に沈んでいる。

1位 勝又健志EX風林火山)+81.2
2位 魚谷侑未セガサミーフェニックス)+11.4
3位 日向藍子渋谷ABEMAS)▲23.3
4位 高宮まりKONAMI麻雀格闘倶楽部)▲69.3

【観戦記】
「打数なら誰にも負けない」風林火山のエース・勝又健志を支えるのは 圧倒的な経験と研究量(ZERO / 沖中祐也)

第2試合

東城、寿人、松本が高打点のアガリを決めて打ち合いとなった一戦は、南2局に東城が松本を捉えた満貫の出アガリが決定打となり、東城が勝利。勝利者インタビューでは母を亡くしたことを明かし、涙を流した。

1位 東城りおセガサミーフェニックス)+58.4
2位 佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部)▲11.4
3位 松本吉弘渋谷ABEMAS)▲19.2
4位 二階堂亜樹EX風林火山)▲50.6

【観戦記】
同じ月を見ている(越野智紀)

■11月10日(木)

対戦カード: 赤坂ドリブンズKADOKAWAサクラナイツ渋谷ABEMASセガサミーフェニックス

第1試合

 

巧みな打ち回しを見せた白鳥が4度のアガリを決めてトップを獲得。自身のMリーグレギュラーシーズン通算100戦目を勝利で飾った。村上や魚谷も大きなアガリを決めた中で、堀が連敗となるラスを引いてしまっている。

1位 白鳥翔渋谷ABEMAS)+63.5
2位 村上淳赤坂ドリブンズ)+3.9
3位 魚谷侑未セガサミーフェニックス)▲20.9
4位 堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ)▲46.5

【観戦記】
渋谷ABEMASが生んだ超絶バランサー 白鳥翔が作り上げた「究極の一局」(ゆうせー)

第2試合

 

園田のアガリは南場の親番で多井からアガった18000の1回のみだったが、巧みにテンパイ料を取っていくことで、トップで試合を終えた。トップ目から手痛い一撃を喰らった多井は、その後に大きなアガリを決め、最終的には2位で試合を終えている。

1位 園田賢赤坂ドリブンズ)+54.8
2位 多井隆晴渋谷ABEMAS)+12.9
3位 茅森早香セガサミーフェニックス)▲14.9
4位 内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ)▲52.8

【観戦記】
できることは全部やる 追いかけ続ける期待値 これが園田賢を園田賢たらしめる理由(後藤哲冶)

■11月11日(金)

対戦カード:EX風林火山KONAMI麻雀格闘倶楽部TEAM雷電U-NEXT Pirates

第1試合

 

10月28日以来の出場となった瑞原が快勝。東4局の親番では本田から倍満を出アガリ、その後も加点して、最終的には7万点オーバーの大勝となった。本田は開局から高打点の放銃が続き、箱下2万点オーバーのラスに沈んでいる。

1位 瑞原明奈U-NEXT Pirates)+93.8
2位 伊達朱里紗KONAMI麻雀格闘倶楽部)+10.0
3位 二階堂瑠美EX風林火山)▲20.0
4位 本田朋広TEAM雷電)▲83.8

【観戦記】
レギュラーシーズンは私のフィールド! ご機嫌な高気圧ガール瑞原、視界良好!(渡邉浩史郎)

第2試合

 

初戦から連闘での出場となった本田が、東1局に滝沢とのリーチ対決を制して6000オールを決めると、南場の親番でも加点して快勝。初戦でのマイナスをほとんど取り返した。1日を通しては各チームの順位が入れ替わり、スコア変動の小さい結果となった。

1位 本田朋広TEAM雷電)+77.4
2位 松ヶ瀬隆弥EX風林火山)+15.7
3位 滝沢和典KONAMI麻雀格闘倶楽部)▲26.6
4位 小林剛U-NEXT Pirates)▲66.5

【観戦記】
倒れるときは前のめりで 本田朋広、恐怖を振り払う攻めのリーチ(東川亮)

■ピックアップMリーグ

筆舌に尽くしがたい──! 半荘全てで繰り広げられる 多井隆晴、プロのステージ【須田良規のMリーグ2022-23セレクト・11月10日】

多井の攻守に巧みな打ち筋について、プロの目線からそのすごさ、レベルの高さを紹介している。

河野直也が選ぶ『Mリーガー究極の決断』〜ライバルの初トップに捧ぐ・魔人の繊細な選択〜渋川難波編

渋川と長い付き合いである河野プロが、渋川が手を組む際の細かい切り順などについて触れながら、渋川のすごさを伝えている。

■11/7-11/11の結果

Mリーグ開幕、第6週の勝ち頭は雷電。何と言っても黒沢の歴代最高スコアによるトップがものを言い、本田の活躍もあって、先週から100ポイント以上を伸ばして3位まで浮上した。一方、厳しいのはサクラナイツ。1トップ3ラスで130ポイント以上のマイナスとなり、6位まで大きく後退している。

■11/14-11/18注目ポイント

全体の順位はやや縦長になりつつあるが、2位の麻雀格闘倶楽部から4位の風林火山までは1試合で順位が入れ替わる程度の差。また、サクラナイツとフェニックスの差もわずかとなっており、まずはどのチームも目前のライバルをかわし、一つずつ順位を上げていきたいところだ。また、亜樹はここまでトップがなく個人最下位と苦しんではいるが、11月15日は誕生日でバースデー出場が期待される。ここでトップをとって、巻き返しのきっかけとしていきたい。

なお、11月14日は3年前に元サクラナイツ沢崎誠四暗刻をアガった日。試合のあるサクラナイツとしては、その再現ができれば再び勢いも生まれるだろう。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!