KADOKAWAサクラナイツ・沢崎誠 リーチのみは不要!打点上昇を狙った積極的な暗カン【Mリーガー29人の名手】

サクラナイツ・沢崎誠

リーチのみは不要!

打点上昇を狙った

積極的な暗カン

【Mリーガー29人の名手】

Mリーグ2019 11/14

第1試合 東3局 ドラ

東家 前原雄大麻雀格闘倶楽部

23500

南家 魚谷侑未セガサミーフェニックス

28300

西家 丸山奏子赤坂ドリブンズ

27700

北家 沢崎誠サクラナイツ

20500

リャンメン2つあるイーシャンテンの沢崎。雀頭予定のが暗刻になりさらに手広い形になった。さて、ここで沢崎の決断は?

 

 

「リーチのみの形は不要」

が槓子使いのため、待ちは非常に良い受け。しかし沢崎はその受けを潰す暗カンを選択した。

良形を消すカンはしない人が多いはず。だが、待ちを生かすというのは、つまりリーチのみになる可能性を残すということ。カンすれば三暗刻が確定するため、カンドラを含めて大幅な打点上昇につながるのだ。

カンの後、ツモでテンパイした沢崎は単騎待ちで即リーチ。捨て牌にも捨ててあるのでスジのは期待大だからだ。

結果はツモアガリとなったが、沢崎の特異な攻めに度肝を抜かれた方は多かったはずだ。

 

Mリーガー全29人の

名手を収録した

小冊子付き「近代麻雀」

発売中‼︎

 

東川亮

赤入り麻雀、東天紅(三人麻雀)などを愛する、さいたま市在住の麻雀ファン。本業はフリーのライター。飯田橋にあるセット雀荘「麻雀ロン」にて、オーナーである麻雀解説者・梶本琢程氏との接点が生まれ、その縁をきっかけとしてキンマWebにてライター活動を開始した。
ひがし@Twitter

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!