セガサミーフェニックス・和久津晶 アガリへの道筋を紡ぐ状況に応じ柔軟に対応した一打【Mリーガー29人の名手】

フェニックス・和久津晶

アガリへの道筋を紡ぐ

状況に応じ柔軟に

対応した一打

【Mリーガー29人の名手】

Mリーグ2019 11/5

第1試合 南4局 ドラ

東家 内川幸太郎サクラナイツ

21800

南家 和久津晶セガサミーフェニックス

19800

西家 白鳥翔渋谷ABEMAS

14600

北家 前原雄大麻雀格闘倶楽部

43800

2着目の内川との2000点差をまくりたい南家・和久津。ネックはあるが、を引いてイーシャンテンまでこぎつけた。はたしてここからの一打は?

 

 

「アガリへの道筋は数多く視野に入れる」

イーシャンテンに構えるなら打だが、ペン受けがあると色々と不自由だ。

そこで和久津は打で2シャンテンに戻す。まずはチーやのポンも可能な食いタンである。から捨てれば、次にドラのを引いても使い切れる。2着まくりの条件を楽にするためにも、ドラツモは常に念頭に置かなければならない。さらにこの手は4トイツ、つまりチートイツの可能性も秘めている。

実際、和久津の最終形はチートイツ単騎。

色々な可能性をみて切りを選んだ和久津が、最後は内川からアガって2着浮上を決めたのだった。

 

Mリーガー全29人の

名手を収録した

小冊子付き「近代麻雀」

発売中‼︎

 

東川亮

赤入り麻雀、東天紅(三人麻雀)などを愛する、さいたま市在住の麻雀ファン。本業はフリーのライター。飯田橋にあるセット雀荘「麻雀ロン」にて、オーナーである麻雀解説者・梶本琢程氏との接点が生まれ、その縁をきっかけとしてキンマWebにてライター活動を開始した。
ひがし@Twitter

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!