沢崎誠、少牌はしてもトップは譲らぬ! サクラナイツに桜咲く!




沢崎誠、
少牌はしてもトップは譲らぬ!
サクラナイツに桜咲く!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の開幕3日目第2戦は沢崎誠(KADOKAWAサクラナイツ)が、堂々トップを獲得。沢崎はMリーグ2019から初登場の選手。途中、少牌してしまうトラブルに見舞われながらも2着・1着の上々の成績でサクラナイツの初勝利を飾り、チームは3位に浮上した。

2回戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)、チーム雷電・萩原聖人(日本プロ麻雀連盟)、U-NEXTパイレーツ・石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)、そして沢崎。

対局は平たい場で進行し、迎えた東4局2本場の沢崎の親。遠い形から仕掛けて3フーロでテンパイにこぎつけた沢崎。役はのみと安いが、単騎の待ちに選んだが絶好。佐々木の対子落としをキャッチして連荘に成功。

しかし次局は、痛恨の第1ツモ取り忘れで少牌。これで沢崎、親を落としてしまう。

迎えた南1局4本場、石橋のリーチ・チートイツ・赤1の待ちは。なんと沢崎、この誰もが切ってしまいそうなを切らずに、オリに回る。結果は石橋のツモアガリ。ウラものせて3000・6000。石橋がトップに躍り出る。

南2局、トップ目の石橋の親番は、萩原がドラ2・赤1のタンヤオ仕掛けで首尾よくツモアガリ。石橋に親かぶりさせることに成功。

オーラス、萩原と3位を競っている佐々木が待ちでリーチ。
しかし、手牌を開けたのは沢崎。マンズのメンホン・ツモの4000オールで、一気に石橋を捲くる。

同1本場は、萩原がマンガンツモで3着に浮上し、沢崎のトップが確定。最高齢Mリーガーの沢崎、サクラナイツに初勝利をもたらした。

勝利者インタビューで沢崎は「少牌してしまってスミマセン。(成績は)2着・1着で上出来ですね。ポイントもプラスになって、ファンの方にも喜んでいただけたのでは」と語った。

▲見事ラス牌のをツモっての4000オール

【Result】
1着 KADOKAWAサクラナイツ・沢崎誠(日本プロ麻雀連盟) 3万7600点/+57.6
2着 U-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会) 2万5800点/+5.8
3着 TEAM雷電・萩原聖人(日本プロ麻雀連盟) 2万3800点/▲16.2
4着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟) 1万2800点/▲47.2

【Total】
1位 EX風林火山 +93.0(2/90)
2位 セガサミーフェニックス +79.9(2/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +22.4(4/90)
4位 TEAM雷電 +9.4(4/90)
5位 U-NEXT Pirates +2.4(4/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +1.2(4/90)
7位 渋谷ABEMAS ▲89.6(2/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲118.6(2/90)

キャスト

TEAM雷電
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
U-NEXTパイレーツ
KADOKAWAサクラナイツ
実況:松嶋桃
解説:園田賢
レポーター:松本圭世

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ Pirates vs雷電vs 麻雀格闘倶楽部vsサクラナイツ