内川幸太郎、オーラス一発逆転のバイマンツモ!! 小林剛を差し切り、今季3勝目ゲット!

内川幸太郎、オーラス

一発逆転のバイマンツモ!!

小林剛を差し切って、

今季3勝目ゲット!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕44日目、第2戦は内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ)がトップを獲得。開局から4回のアガリで独走する小林を、オーラスの一発バイマンツモで差し切った内川が3勝目。サクラナイツは3桁に乗せて3位に浮上した。

第2戦の対局者は、渋谷ABEMAS白鳥翔セガサミーフェニックス東城りおU-NEXT Pirates小林剛、そして内川の4名。

東1局、親の小林がドラ1・赤2のペン【3ピン】待ち、【赤5ピン】切りのリーチで幕が開ける。これに白鳥がツモ切りで放銃。ウラが1枚の12000点。

同1本場は、小林の仕掛けと白鳥のリーチ対決。白鳥の【2ソウ】【5ソウ】に対して小林は【2マン】【5マン】【8マン】。白鳥が【2マン】をつかんでタンヤオ・赤1の2900点。

小林はその後も2度のアガリで加点し、南3局1本場を迎える。2着目・内川の親を小林が【2マン】ポンから仕掛けて落としにかかる。速度を合わせにいった内川が、喰いタンヤオのテンパイ。待ちは【2ソウ】【5ソウ】

小林【6ソウ】【7ソウ】【8ソウ】とあるところに【5ソウ】をツモって少考。内川のチー出しの【6ソウ】に注目する。【5ソウ】【8ソウ】はどちらも通っていないが、シャンポン待ちのある【8ソウ】を警戒して打【5ソウ】。内川が1500点で連荘に成功。

オーラスを迎えて、内川の逆転条件はハネマンツモ。ラス親の白鳥が必死の3フーロで、連荘にかける。【白】【東】【3マン】とポンして露骨なホンイツしかけ。

マンズをつかんで迂回していた内川が、ドラ3のカン【5マン】待ちでテンパイ。ツモ番を1回残して運命を分かつリーチに出る。白鳥の単騎待ちの【發】は1枚、内川のほしい【5マン】【赤5マン】が1枚、ともに牌山に残っている。結果は【赤5マン】一発ツモ! リーチ・一発・ツモ・ドラ3・赤1・ハイテイの4000・8000で一気に小林を逆転。内川が3勝目を獲得した。

内川はインタビューで、

「やりましたね。一番最後に待望の【赤5マン】でバイマンでしたけれども、3戦ぶりにトップを取れました。チームも3桁になったと思うので、上を目指して闘いたいと思います」

と語った。

【Result】
1着 内川幸太郎サクラナイツ 4万8500点/+68.5
2着 小林剛・パイレーツ 3万8900点/+18.9
3着 東城りお・フェニックス 1万4900点/▲25.1
4着 白鳥翔・ABEMAS ▲2300点/▲62.3

【Total】
1位 EX風林火山 +337.2(44/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +299.5(44/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +118.0(44/90)
4位 渋谷ABEMAS +56.1(44/90)
5位 U-NEXT Pirates +33.0(44/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲79.6(44/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲186.6(44/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲577.6(44/90)

大和証券 Mリーグ サクラナイツvsABEMASvsフェニックスvsPirates

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
12月17日の対戦はKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
U-NEXT Pirates
実況:松嶋桃
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!