瑞原明奈、 初登場初トップ!! 女海賊鮮烈デビュー!!




瑞原明奈、
初登場初トップ!!
女海賊鮮烈デビュー!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の開幕3日目第1戦は瑞原明奈(U-NEXTパイレーツ)が、Mリーグ初登場で堂々トップを獲得。初舞台とは思えぬ打ちっぷりで、パイレーツに初勝利をもたらした。

1回戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)、チーム雷電・瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟)、KADOKAWAサクラナイツ・沢崎誠(日本プロ麻雀連盟)、そして瑞原。

開局は流局し、東1局1本場。瑞原がリーチ・ツモ・赤1の1000・2000。Mリーグ初アガリを決める。

東2局1本場では、ドラのの受け入れターツを払って果敢にピンズのホンイツに向かい、瀬戸熊からホンイツ・の5200を討ち取る。

東4局1本場、瑞原はダブを仕掛けてドラ・赤の12000のテンパイを果たすが、沢崎がリーチ・ツモ・タンヤオ・ピンフ・赤1のマンガンで2着につける。

南1局、沢崎がドラのをポン、そして親の瀬戸熊が高め456サンショクのピンフで会心のリーチ! 一発目に沢崎がをツモ切ると、北家の瑞原がダマテンにしていた手牌を倒す。のみだが、親のリーチを潰す値千金の1300点のアガリを決める。

さらに南3局には、瑞原は沢崎のリーチ宣言牌でダブ・ドラ2・赤1の8000点を直撃し、トップを盤石にする。

オーラスは沢崎がピンフ・ツモ・イーペーコー・赤1の1300・2600で2着を決め、Mリーグ初参戦の2人が、ワンツーフィニッシュでゴールした。

勝利者インタビューで瑞原は「素直に嬉しいです。リラックスしてたつもりでしたが、今対局内容を思い出せないので、やっぱり緊張してたみたいです。対局前に某ファミレスでステーキを、あと差し入れの焼肉弁当を食べたので、お肉パワーが満々でした(笑)」と語った。

▲瀬戸熊の親リーチを潰した見事なダマテン

【Result】
1着 U-NEXT Pirates・瑞原明奈(最高位戦日本プロ麻雀協会) 4万1900点/+61.9
2着 KADOKAWAサクラナイツ・沢崎誠(日本プロ麻雀連盟) 2万9600点/+9.6
3着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟) 1万8000点/▲22.0
4着 TEAM雷電・瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟) 1万500点/▲49.5

【Total】
1位 EX風林火山 +93.0(2/90)
2位 セガサミーフェニックス +79.9(2/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +48.4(3/90)
4位 TEAM雷電 +25.6(3/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲3.5(3/90)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲35.2(3/90)
7位 渋谷ABEMAS ▲89.6(2/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲118.6(2/90)

キャスト

TEAM雷電
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
U-NEXTパイレーツ
KADOKAWAサクラナイツ
実況:松嶋桃
解説:園田賢
レポーター:松本圭世

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ Pirates vs雷電vs 麻雀格闘倶楽部vsサクラナイツ