石橋伸洋、7和了!! アガりまくってパイレーツ、風林火山から即座に首位の座を奪還!!

石橋伸洋、7和了!!

アガりまくってパイレーツ

風林火山から即座に

首位の座を奪還!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕78日目、第2戦は石橋伸洋U-NEXT Pirates)が、トップを獲得。東場にアガリを連発して6万点を超えた石橋が、猛追してきた二階堂から逃げ切って個人2勝目。パイレーツが、第1試合で奪われた首位の座を1戦で取り戻した。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ園田賢EX風林火山二階堂亜樹TEAM RAIDEN / 雷電・黒沢咲、そして石橋の4名。

東1局、西家・石橋がリーチ・イーペーコー【南】単騎待ちを黒沢から一発で討ち取って5200点。

このアガリを皮切りに石橋のアガリショーが開幕する。

東3局には、変化待ちの【9マン】単騎をひょっこりツモって500オール。

同2本場ではピンフタンヤオ・高めイーペーコー・ドラ1・赤1の【4ソウ】【7ソウ】待ちをヤミに構え、【赤5ソウ】をツモ切ったのちに安めの【7ソウ】をツモって4000オール。

3本場、園田の仕掛けと二階堂のリーチに【2マン】【5マン】【8マン】待ちで追いかけリーチ。【8マン】を二階堂から一発で捉え、赤1の7700点。

4本場には、ふたたび二階堂からリーチで討ち取り。赤1の3900点を加点して、6万点オーバーに。

その後、黒沢が2回、園田が1回マンガンをツモアガリ。二階堂が6000オールと4000オールをアガって石橋の点棒を削る。

が、オーラスは黒沢の親リーチに無筋を勝負した石橋が、ピンフ・赤1の2000点を黒沢からアガってトップ逃げ切りで試合終了。

石橋が7戦ぶりの勝利で個人2勝目。パイレーツは風林火山を上回り、ふたたび首位の座を取り返した。

石橋はインタビューで、

「選択でアガってるけど裏目、みたいのがけっこうあったので、結果的には(二階堂)亜樹さんに追い詰められちゃったんですが、選択してる時点で得だと思うことをやっているので、後悔してもしかたないかなと思います」

と語った。

【Result】
1着 石橋伸洋・パイレーツ 4万8500点/+68.5
2着 二階堂亜樹・風林火山 3万9400点/+19.4
3着 黒沢咲・雷電 1万6900点/▲23.1
4着 園田賢・ドリブンズ ▲4800点/▲64.8

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +384.1(78/90)
2位 EX風林火山 +364.1(78/90)
3位 渋谷ABEMAS +193.9(78/90)
4位 セガサミーフェニックス +181.8(78/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ +160.7(78/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +94.3(78/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲223.3(78/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲1175.6(78/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs雷電vsPirates

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
2月18日の対戦は赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:松嶋桃
解説:渋川難波
レポーター:伊藤友里
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs雷電vsPirates

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!