沢崎誠、盤石の攻守で3勝目!! 勝又に次いで個人2位に浮上!!

沢崎誠、

盤石の攻守で3勝目!!

勝又に次いで

個人2位に浮上!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕23日目、第2戦は沢崎誠KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。東場で9600と、親のWリーチのマンガンをアガった沢崎が逃げ切って3勝目。個人成績2位に。2位には絶好調の風林火山・二階堂亜樹がつけ、さらにポイントをのばした。

第2戦の対局者は、セガサミーフェニックス魚谷侑未EX風林火山二階堂亜樹TEAM雷電本田朋広、そして沢崎の4名。

本田のみ連闘となった第2試合。開局、その本田が先制打を放つ。南家の本田が15巡目にピンフ・ドラ1のリーチをかけると、たて続けに沢崎と魚谷がリーチを宣言。しかし、魚谷の宣言牌が本田に一発命中。8000点で本田がリードを奪う。

東4局、親を迎えた沢崎が【白】アンコの【2ソウ】【3ソウ】待ちで6巡目にリーチ。安全牌のない魚谷がトイツの【2ソウ】に手をかけて、またも一発放銃。沢崎が9600点を得て連荘。

その1本場、沢崎にダブルリーチの手が入る。しかも、ピンフ・ドラ1・赤1のツモれば6000オールという大物手。この【4マン】【7マン】待ちに、ドラ3のイーシャンテンの二階堂が【4マン】で放銃。沢崎が12000点を加点してアタマ一つ抜けたトップ目に立つ。

南3局、西家の魚谷が【北】ポンからの加カンで、ホンイツ狙い。そこへ親の二階堂のリーチが入る。手の内に安全牌がなくなった魚谷が、無筋を切り飛ばしてアガリに向かうが【6ソウ】が御用となってピンフ・ドラ2・ウラ1の12000点。このアガリで二階堂が2着目に。

オーラスはハコ下に沈んだ魚谷が、素点回復を目指してピンフ・高めタンヤオ・ドラ1・赤1の【1ピン】【4ピン】【7ピン】待ちでリーチ。アガれば2着に浮上する本田が、前に出て【1ピン】を切って試合終了。

沢崎が逃げ切って、今季3勝目を獲得した。

沢崎はインタビューで、

「(サクラナイツ、15戦ぶりの1位について)まぁ、そんなに悪くないと思いますね。ほっといても浮いてくるチームですから、これからちょっとエンジンをかければ急浮上します、ハイ」

と語った。

【Result】
1着 沢崎誠サクラナイツ 4万1600点/+61.6
2着 二階堂亜樹・風林火山 3万1400点/+11.4
3着 本田朋広・雷電 2万600点/▲19.4
4着 魚谷侑未・フェニックス 6400点/▲53.6

【Total】
1位 EX風林火山 +480.7(24/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +95.3(22/90)
3位 U-NEXT Pirates +23.8(22/90)
4位 渋谷ABEMAS ▲31.0(22/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ ▲39.0(24/90)
6位 赤坂ドリブンズ ▲62.7(22/90)
7位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲222.9(24/90)
8位 セガサミーフェニックス ▲244.2(24/90)

大和証券 Mリーグ 風林火山vsサクラナイツvsフェニックスvs雷電

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
11月11日の対戦はEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:日吉辰哉
解説:小林剛
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!