東城りお、驚愕の猛攻で特大トップの初勝利!! 2戦目にして圧巻の完封勝ち!!

東城りお、驚愕の猛攻で

特大トップの初勝利!!

2戦目にして圧巻の

完封勝ち!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕9日目、第2戦は東城りおセガサミーフェニックス)が、トップを獲得。先行する滝沢を南場の親で大逆転。大物手の連発で、7万点オーバーの特大トップを決めて、東城が2戦目にしてうれしいMリーグ初勝利を手にした。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ村上淳KONAMI麻雀格闘倶楽部滝沢和典U-NEXT Pirates朝倉康心、そして東城の4名。

滝沢のリードで迎えた南1局、東城の親番。東城は【中】アンコの手で【西】をアンカン。さらに【7ピン】をポンしてドラの【6ソウ】【9マン】のシャンポン待ちでテンパイ。朝倉のリーチを受けるも【9マン】をツモアガっトイトイ三暗刻の6000オール。滝沢を捲くって一気に東城がトップ目に立つ。

1本場、東城に超弩級の手が入る。メンホン・トイトイ三暗刻・ドラ3・赤1の【西】【北】シャンポン待ち(ドラ【5ピン】)。出て三倍満、ツモれば四暗刻の役満という恐ろしい手。13巡目にテンパイして即リーチ。しかし、待ち牌はすべて滝沢に抑えられて流局。

2本場、東城はタンヤオ・ドラ3のカン【3ソウ】待ちをリーチ。仕掛けてテンパイの村上から討ち取って、12000点を上乗せ。

3本場、さらに東城は【白】ポンからのドラ1・赤1を滝沢から仕留めて5800点。ついに点棒は7万点を超える。

南2局では、あわや滝沢が国士無双成就なるか!? と思われたが、この局も東城が【白】のみで流して危うきを脱する。

オーラスもリーチをきっちりツモりあげ、圧巻の6和了で、東城がMリーグ初勝利を手にした。

東城はインタビューで、

「めちゃくちゃ楽しかったですね(笑)。今月分のアガリを今日全部したみたいな手の入り方だったんで、欲を言うと、トイトイ・メンホン・三暗刻・ドラ3・赤1はアガリたかったですね(笑)。精一杯振り切って麻雀が打てたので、次もチームにポイント加点できるように頑張りたいと思います」

と語った。

【Result】
1着 東城りお・フェニックス 7万7200点/+97.2
2着 朝倉康心・パイレーツ 3万4700点/+14.7
3着 滝沢和典麻雀格闘倶楽部 1万4400点/▲25.6
4着 村上淳・ドリブンズ ▲2万6300点/▲86.3

【Total】
1位 TEAM RAIDEN/雷電 +125.4(8/90)
2位 セガサミーフェニックス +114.9(10/90)
3位 EX風林火山 +102.2(8/90)
4位 渋谷ABEMAS ▲27.3(8/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲28.7(10/90)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲28.8(8/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲101.7(10/90)
8位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲156.0(10/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvsPirates

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
10月18日の対戦は赤坂ドリブンズvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

キャスト

赤坂ドリブンズ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:多井隆晴
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!