微動だにしない小林剛。そもそもロボは後悔しない!悪夢も見ない!【熱論!Mリーグ】




熱論!Mリーグ【Tue】

微動だにしない小林剛。

そもそもロボは

後悔しない!悪夢も見ない!

文・アホ東大(院)生【火曜担当ライター】2019年1月29日

 

2019年1月29日の対局は、

<EX風林火山> 1位 +323.4

<KONAMI麻雀格闘倶楽部> 3位 ▲75.1

<セガサミーフェニックス> 4位 ▲75.7

<U-NEXT Pirates> 6位 ▲101.7

の4チームの戦いとなった。

ファイナルシリーズまであと10試合を切るチームも出てきて、今までの戦い以上に1試合の順位差が重みを増すようになってきた。

まさにここからは、ファイナルシリーズまでずっと正念場、ずっと混沌の様相といっても過言ではない。

選手の重圧を背負いながら戦う姿、卓上に火花散る打牌を、共に刮目してみよう。

第1試合は、

滝沢和典(風林火山)

佐々木寿人(麻雀格闘倶楽部)

魚谷侑未(フェニックス)

小林剛(Pirates)

の対決だった。

21人全員、スター揃いのMリーグだが、今回はその中でも長い間麻雀界を牽引してきたスーパースター4選手が揃った。

同じ団体で、同時期から表舞台に立ち続けてきた滝沢×寿人、

女流プロ麻雀日本シリーズ、日本オープン、王位戦の三冠を去年、手にした魚谷、

同じく去年にRTDリーグを優勝した小林、

試合を見る前から興奮してしまうようなエース達の戦いを共に見届けよう。

東1局0本場は、2つ加槓をしての親番の魚谷の一人テンパイで流局。

の淀みない加槓が他者の手の進行を妨げた。

東1局1本場は、を鳴いた小林に魚谷が高目三色同順のを放銃。

東2局0本場

5巡目に待ちの滝沢本人のご尊顔の如く、非常に美しいメンタンピンリーチをかける。

このリーチに親番の寿人がすぐさま追いつく。

寿人も「滝沢、まぁ待てって。300ポイントもあるんだから、俺様にアガらせろ!」(記者の完全脳内イメージです)と待ちリーチで長年のライバル滝沢を追いかける。

東2局にしてファン待望の滝×寿対決勃発。どちらがアガってもおかしくない状況だ。

この2軒リーチに魚谷もダマテンのチートイツ単騎待ちで対抗する。

を寿人が掴み、裏が一つ乗った8000点を滝沢に放銃。