“眼鏡はもういらねえ!” 「流れ論」を信じて闘った 高校1年生が強かった件【高校女子オープン大会2018・冬】

“眼鏡はもういらねえ!”

「流れ論」を信じて闘った

高校1年生が強かった件。

高校女子オープン大会

2018・冬

取材・文/花崎圭司 写真/寺内康彦

 

「サンタクロースの実在」命題というものがある。

サンタクロースは実在するのか、しないのか。

数多くの大人たちは言いはしないがこう思っているだろう。

サンタクロースは存在しない。

では「サンタクロース」「愛」と置き換えてみよう。

“愛”は実在するのか、しないのか。

ほとんどの人はこう答えるだろう。

愛は存在する。

しかし、目に見えないもの「愛」の実在をどうやって証明するのか?

「愛」が実在するなら「サンタクロース」も実在するのではないだろうか。

そんなことを考えてしまう2018年12月24日、クリスマス・イブの日。

麻雀最強戦presents高校女子オープン大会2018・冬が行われた。

高校生女子で一番強いのは誰か? それを聖夜を迎えるイブの日に決める。

今回戦う8人はA卓、B卓に分かれ、上位2名が決勝卓に進む。そしてその決勝卓の勝者が高校女子ナンバーワン雀士となる。

今回でこの大会も5回目。ルールもおなじみとなってきた。

対局はいわゆる「八局麻雀」で連荘がない。

そして符計算がない。ピンフ・ツモだと2役で500・1000となり、ピンフの価値が高くなっている。

 

予選A卓

戦うのは、

 

1年の伊藤花菜(はな)さん

 

3年の佐藤えみなさん

 

3年の宮本ひなのさん

 

1年の島村奈菜さんだ。

 

 

伊藤さんは初出場だが、雀歴は6年。

高校では女子サッカー部に所属し、ボランチやセンターバックとキャプテンシーが求められるポジションを1年にして務めている。「雀蹴両道」である。

 

佐藤さんは今回2回目の出場。

ドレッシーな服装とチャーミングな笑顔が目を引く。秋田出身の3年生で、今回が最後の高校女子オープンとなる。姉とおそろいのイヤリングから力をもらって戦う。

 

宮本さんも3年生。

テレビ東京の生番組に出ていることもあり、出場者全員コメントが上手だが、その中でも彼女は人を惹きつけるトークをする。その生番組のコンセプトが「学校のクラス」、まさに“高校の女子高生”という話し方をするからだろう。彼女も2回目の出場。勝って学校のみんなに自慢できるか。

 

島村さんは前回大会、2018年・夏に初出場し、いきなり初優勝を遂げた。

3年近く麻雀教室で実際に牌に触れていることもあり、しっかりとした麻雀で勝った。彼女は1年生。目指すは連覇、そして卒業まで負け無しの6連覇である。

 

東1局は宮本がアガりを決めるが、その後は4局連続流局。

みんなただベタオリをしているわけではなく、自分が危険だと思った牌をきちんと止め、流局しそうだと思ったら鳴きで形式テンパイを入れてテンパイ料をもらいに行く。ネットで麻雀対局が見ることが普通の世代。見る目が肥えれば、腕も上がる。

その流局の中でも伊藤と佐藤が確実にテンパイまで持っていき、ゲームを引っ張っていく。こういう展開の時は、チャンス手が入った時に一発大きなパンチを決められるかどうかが、勝負の分かれ目になる。

その分かれ目となったのが南3局。

宮本がテンパイを入れるが、ダマのままを切る。

それを島村がチーをし、カン待ちのテンパイ。次巡、宮本が待ちのリーチを入れる。島村の手牌は7枚。そこにアタリ牌のを持ってくる。

危ないのは分かっているがラス目ということもありを切り、

12000点の放銃となる。

トップが飛び抜け2着争いとなる。

オーラス南4局。3着目の伊藤は3役が必要だが、ダブを鳴く。予選突破にはもう1役必要だ。ここで彼女は力づくでドラのを持ってくる。

そしてそのままアガりきり、逆転2着となる。

 

予選B卓

戦うのは

 

3年の井町梨乃さん

 

1年の三澤瑠花(るか)さん

 

3年の長澤頼花(らいか)さん

 

2年の高山結理(ゆうり)さんだ。

 

 

井町さんは初出場。

高校女子オープンはずっと見ていて、自分も出場したかったが、出ることができなかった。部活があったからだ。部活は野球部マネージャー。選手を支える大変な役割だ。その部活も終わり、卒業後の進路も決まった。同級生の最後の試合を見届けた後、自分の最初で最後の大会に望む。

 

三澤さんは学校で麻雀をやっている。

放課後、教室で勝手にやっているわけではなく、先生公認という珍しいケースだ。学校の先生や友達に「全自動麻雀卓を取ってこい」といわれ、大会に望む。普段はカープ女子の彼女はどんな麻雀を見せてくれるのか。

長澤さんは前回大会準優勝。

同じ世代の子たちと真剣勝負をできるのは楽しいが、やるからにはやはり優勝したいだろう。特に彼女は自宅に自動麻雀卓があり、家族で麻雀をやっている。両親の期待も背負っている。家族の期待と自分の願いを叶えることができるか。

高山さんは、高校女子オープンを見ている人にはおなじみで、多くのファンを持っている。

高校1年の夏は涙の予選敗退。そして1年の冬に悲願の優勝を達成した。また小林剛プロのファンで、雀風も持っている物も“小林剛推し”である。今夏は欠場し、久々の大会。女性らしくなった彼女、雀風もどのような成長を遂げているのか。

開局早々、まず驚いたのが三澤が理牌せずに打っていることだ。

しかもメンチンである。瀬戸熊直樹プロが、雀荘で理牌せずメンチンをしている女性を見て、「この人だ」と思って結婚した、という話を聞いたことがあるが、まさにそれである。また最高位戦の平賀聡彦プロも普段理牌しないことで知られているが、女子高生が理牌せずのメンチンである。しかも九蓮宝燈まで見えるという、いきなりの展開だ。

しかし「ロボ少女」高山が高速麻雀で全8局中4局アガり、強い麻雀を見せてのトップ通過。

次に3局アガった三澤が2位通過となった。終局後のインタビューでも三澤さんは目立っていた。解説の多井隆晴プロの東1局鳴かなかったことへの質問に

「鳴いちゃうと相手に流れがいっちゃう」

と答える。

「流れ」の解釈はいろいろあるが、オカルト的な「流れ」は“ない”ということでほぼ決着し、議論の的になることはなかった。

しかしだ。この高校女子オープンで本家本流の「流れ論」が出てきたのが、とてもとても興味深い。自分が鳴くと、持ってくるはずの索子が他のところへ行ってしまう。結局は鳴かなくてもアガれず、トップも取れずで、父親に「鳴いておけば12000だったのに」とデジタルに言われる。でも彼女は「流れ論」で戦う。真っ直ぐに打つ。小細工はしない。形の美しさは求めない。この点でも平賀プロに似ているのかもしれない。

決勝卓は、

 

「行雲流水」三澤瑠花

 

「ロボ少女」高山結理

 

「麻雀司令塔」伊藤花菜

 

「青春スマイル組」宮本ひなの

の4人となった。

 

東1局は伊藤が1巡目から鳴き、

ピンズの染め手に行く。そしてホンイツ・ドラ2のテンパイを入れ、さらにの大明槓と積極的に攻める。これに同じくソーズの染め手をしていた高山が8000点の放銃をする。

トップ取りの決勝。積極的にいったための放銃なので致し方がない。

次に動いたのが東3局。

三澤がおなじみの理牌せずリーチ。南家の宮本、手牌にが暗刻で、オリるのは簡単だがあまりにもそれは消極的すぎる。で、勝負にでるが、三澤に8000点の放銃となる。

これで初出場組の三澤と伊藤がトップ目となる。

この次だれが大きい手をあがるのか。三澤・伊藤がアガればグッと優勝に近づき、高山・宮本がアガれば、優勝争いに食い込むことができる。

南1局 ドラ

親の三澤がペン待ちのドラ3リーチ

同巡、高山は選択を迫られる。

トップとは21000点差。この手は満貫をアガりたい。

危険だと分かっているがリーチメンタンピンを目指し、

を切る。

この判断が実り、

待ちでテンパイ、リーチをする。一盃口をつけることはできなかったが、ツモ、もしくは裏ドラ1枚で満貫だ。

これは八局麻雀。伊藤、宮本ももちろんアガりに行く。結果、宮本が三澤に放銃し、これが決定打となった。

優勝インタビューも三澤さんの世界が広がる。

予選では眼鏡をしていたが、

決勝では眼鏡をせず、優勝インタビューの時はまた眼鏡をしていた。

「眼鏡が汚れてしまいまして、真っ白になってしまって、眼鏡はもういらねえかな、と」

いやいるでしょ、と思ったが、でもこれが三澤瑠花なのだ。

三澤さんは公約通り獲得した麻雀卓を学校に寄付し、学校のみんなと麻雀を楽しみながら研鑽を積むだろう。そこで独自の雀風を築いてほしい。

戦いが終わり、彼女たちは帰宅の途につく。

 

これからオカルト的なことを書いてく。

三澤さんの紹介のところで書いたが、彼女はカープ女子だ。

彼女がつけていたネックウォーマーは赤。おそらくカープグッズだろう。

そしてネイビーと赤のカープカラーのアウター。そのメーカーは「チャンピオン」。

彼女は今大会で“チャンピオン”になった。

そして彼女は鈴木誠也のグッズを持っていた。鈴木誠也の有名な言葉といえば

「神ってる」

である。

クリスマス・イブに「神ってる」である。

そして三澤さんも「神った」手順で、決勝を圧勝した。

また鈴木誠也の背番号は51番だが、来年からは“1番”を背負う。

三澤さんもクリスマス・イブに“1番”になった。

そしてなにより三澤さんがファンの鈴木誠也。

下の名前はなんと読みますか?

「せいや」である。

クリスマス・イブの“聖夜”に、彼女は優勝した。

カープと同じ、赤い服を着たサンタクロースが、聖夜に優勝をプレゼントしてくれたのかもしれない。

冒頭に戻る。

サンタクロースは存在するのだろうか?

ちなみに「サンタクロースの実在」命題というものがある、と書いたが、そんなものは存在しない。私のでっち上げだ。

でも「そんなものがあるんだ」と思った人は、この文章を読むまでは、その命題が“実在”したのだ。

じゃあいま一度問う。

「流れ」はあるのだろうか?

信じるものには、それはある。

サンタクロースと同じように。

 

花崎圭司(はなさきけいじ)

放送作家・小説家・シナリオライター。映画化になった二階堂亜樹の半生を描いた漫画「aki」(竹書房刊)の脚本を担当。