“眼鏡はもういらねえ!” 「流れ論」を信じて闘った 高校1年生が強かった件【高校女子オープン大会2018・冬】




“眼鏡はもういらねえ!”

「流れ論」を信じて闘った

高校1年生が強かった件。

高校女子オープン大会

2018・冬

取材・文/花崎圭司 写真/寺内康彦

 

「サンタクロースの実在」命題というものがある。

サンタクロースは実在するのか、しないのか。

数多くの大人たちは言いはしないがこう思っているだろう。

サンタクロースは存在しない。

では「サンタクロース」「愛」と置き換えてみよう。

“愛”は実在するのか、しないのか。

ほとんどの人はこう答えるだろう。

愛は存在する。

しかし、目に見えないもの「愛」の実在をどうやって証明するのか?

「愛」が実在するなら「サンタクロース」も実在するのではないだろうか。

そんなことを考えてしまう2018年12月24日、クリスマス・イブの日。

麻雀最強戦presents高校女子オープン大会2018・冬が行われた。

高校生女子で一番強いのは誰か? それを聖夜を迎えるイブの日に決める。

今回戦う8人はA卓、B卓に分かれ、上位2名が決勝卓に進む。そしてその決勝卓の勝者が高校女子ナンバーワン雀士となる。

今回でこの大会も5回目。ルールもおなじみとなってきた。

対局はいわゆる「八局麻雀」で連荘がない。

そして符計算がない。ピンフ・ツモだと2役で500・1000となり、ピンフの価値が高くなっている。

 

予選A卓

戦うのは、

 

1年の伊藤花菜(はな)さん

 

3年の佐藤えみなさん

 

3年の宮本ひなのさん

 

1年の島村奈菜さんだ。

 

 

伊藤さんは初出場だが、雀歴は6年。

高校では女子サッカー部に所属し、ボランチやセンターバックとキャプテンシーが求められるポジションを1年にして務めている。「雀蹴両道」である。

 

佐藤さんは今回2回目の出場。