なぜ?どうして? 自ら激流へ身を投じた、魚谷侑未強気の選択3シーンを考察【Mリーグ2020観戦記10/29】担当記者:東川亮

なぜ?どうして? 

自ら激流へ身を投じた、

魚谷侑未強気の

選択3シーンを考察

文・東川亮【木曜担当ライター】2020年10月29日

大和証券Mリーグが開幕して4週目の後半。

8チームがそれぞれ2試合を戦う2日間を「節」とすると、この日は全45節中の8節目にあたる。

まだまだ序盤も序盤だが、ここまで各チームが7節14試合を戦ってきた中で、少し気になる点があった。

昨シーズンのMVP、魚谷侑未セガサミーフェニックス)が出ないのだ。

前節までの出場数は、丸山奏子赤坂ドリブンズ)と並んで最も少ない2試合。

もちろん他の試合との兼ね合いもあっただろうし、セガサミーフェニックスはさまざまなデータを元に起用を決めるという話もあるが、そうだとしてもエースをここまで使わないことに、少々違和感を覚えていた。

その魚谷が、この日の第2試合に登場。

実際には10/20以来の出場と10日も空いていないのだが、なんだかだいぶ久しぶりにユニフォーム姿を見たように思える。

第2回戦

東家:魚谷侑未セガサミーフェニックス

南家:二階堂亜樹EX風林火山

西家:沢崎誠KADOKAWAサクラナイツ

北家:黒沢咲TEAM雷電 

この日の魚谷は、印象的な選択をしたシーンがいくつかあった。

それらのシーンについて考えてみたい。

シーン1:ドラスジではなくドラそのものをプッシュ

魚谷が黒沢から3900をアガって迎えた、東1局1本場

この局は亜樹が6巡目にリーチを打つ。

待ち牌のpastedGraphic_3.pngは沢崎がトイツで持っているが、pastedGraphic_4.png2枚は山だ。

リーチを受けた魚谷はpastedGraphic_6.pngpastedGraphic_7.pngと打っていき、9巡目でこの形。

形で言えばpastedGraphic_8.pngを打ちたいところではあるが、無スジな上にドラである。

亜樹が2巡目にpastedGraphic_9.pngを切っていることから、まずは「安い方!」ということでドラスジpastedGraphic_10.pngを打って様子見、手が進めばpastedGraphic_8.png勝負のビジョンもあるように見えるが・・・

少考し、魚谷はpastedGraphic_8.pngを打ち抜いた。

この時点でリャンメン3つ残りのリャンシャンテン、かなり強引な押しのように思えた。

「2シャンテンから無スジのドラを打った」ということだけ考えると、かなり無謀なように見える。

では、なぜそんな選択をしたのだろうか。

まず、亜樹のリーチに対しては、沢崎と黒沢は現物やスジを打ち、やや対応気味に見える。

そして魚谷は安全牌がなく半ば押し出されたような形といえ、真っすぐ手を進めている。

そしてアガリまでを見たとき、この時点でpastedGraphic_12.pngが3枚見え、pastedGraphic_9.pngが2枚見えと、pastedGraphic_8.pngを使ったアガリはやや厳しいように思える。

ここで孤立のpastedGraphic_8.pngを打っておけば次のpastedGraphic_10.pngがほぼ安全牌で確保できる上、展開によってはpastedGraphic_10.png暗槓で打点を引き上げ、リーチをぶつけて行くようなルートもあるだろう。

いずれにしても、この手を形だけで見たとき、最も不要なのがpastedGraphic_8.pngだ。

次に、亜樹は第一ツモからリーチまで、pastedGraphic_13.pngpastedGraphic_14.pngは手出ししていながらpastedGraphic_9.pngpastedGraphic_12.pngはなんの迷いもなくツモ切っていた。

亜樹捨て牌

pastedGraphic_15.pngpastedGraphic_9.pngpastedGraphic_13.pngpastedGraphic_14.pngpastedGraphic_12.pngpastedGraphic_16.pngpastedGraphic_9.pngpastedGraphic_12.pngはツモ切り)

ドラが1枚なら間違いなく残すだろうし、トイツや暗刻であっても残したい牌だ。

そうしたことから、亜樹の手にピンズの上はない、あるいはすでにメンツが構成済みで、pastedGraphic_8.pngは通ると読んだのかもしれない。

実は亜樹は1巡目でイーシャンテンという非常に早い手であり、pastedGraphic_8.pngは亜樹がテンパイ時に引いた牌だったのだが。

 

その後、魚谷は守備に回らされるも、亜樹のアガリ牌pastedGraphic_4.pngを2枚とも抑え込んでテンパイを取りきった。

pastedGraphic_8.png打ちの場面でpastedGraphic_10.pngを打っていたら、おそらく打pastedGraphic_10.pngを続けてしまい、このテンパイは取れなかっただろう。

そうしてつないだ東1局2本場の親番では、リーチ平和ツモ赤裏の4000は4200オールをツモ。

一気に4万点台まで点数を増やし、大きなリードを作ることに成功した。

シーン2:親リーチにワンチャンスを頼らず無スジ押し

魚谷トップ目で迎えた東4局

この局で先手を取ったのは親の黒沢だった。

リーチ平和ドラドラの大物手、待ちのpastedGraphic_8.pngpastedGraphic_10.pngは山に7枚とじゅうぶん過ぎる枚数があり、ツモるのは時間の問題と思われた。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!